TEE -Styling variation-

2021.06.25 /Style

TheWeftでは引き続き12:00-19:00の時短営業とさせていただきます。

状況の変化によって営業時間に変更がある場合はこちらのJOURNALや各種SNSにてお知らせ致します。

 

CURLY&Co. Head Store「TheWeft Nakameguro」

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1丁目5-10 中目黒マンション105

月曜日-日曜日:12:00-19:00

定休日:水曜日

 

引き続き店頭では、店内、スタッフ共に消毒を徹底し、エントランスにはアルコール消毒液を設置致しますので入店の際にご利用下さい。

 

店頭スタッフもマスク着用の上で接客にあたらせて頂きますので、ご来店のお客様も何卒マスクをご着用の上ご来店いただけますと幸いです。

また混雑状況によってはご入店されるお客様の人数を制限させて頂く可能性がございますので、こちらもご了承ください。

 

また、現在TheWeftではオンライン接客を受け付けております。

自由な外出が難しい方、遠方でなかなかTheWeftに来られない方などいらっしゃるかと思います。

この機会に是非ご活用くださいませ。詳しくは下記のリンクをご覧ください。

 

オンライン接客について:https://curly-cs.com/theWeft/etc/74890/

 

 

 

東京も本格的に梅雨入り。

例年と比べ晴れている日も多い気がしますが、やはりジメジメとした気候ですね。

個人的にも苦手な季節なので、新作のアイテムを着用して気分を上げています。

 

先日のJOURNALではSANUAのアイテムも使い、レディースのスタイリングをご紹介しました。

トップスは同じアイテムを使い、着回しコーディネイトでスタイリングを組んでみましたが、ボトムスが変わるだけで雰囲気もがらりと変わります。

まだご覧になっていない方は是非ご覧下さい。

 

レディースだけでなく、メンズに関しても着回しは欠かせません。

夏場は特にコーディネイトがマンネリ化してきます。

そんな時はボトムスのバリエーションで、スタイリングに変化を付けていただくのが良いでしょう。

 

今シーズン、CURLY&Co.では様々なデザインのボトムスがリリースされています。

本日のJOURNALでは、3つのTEEをメインに、ボトムスのみを変えて2コーディネイト組んでみました。

POLAR H/S TEE×REGENCY TP TROUSERS”HOUNDSTOOTH”

POLAR H/S TEE×PROSPECT CARGO TROUSERS

まずは、6earlyで入荷したPOLAR H/S TEEをベースにした2コーデをご覧いただきましょう。

 

CURLY&Co.の中でも珍しいオーバーサイズのTEE。

1つ目のスタイリングはREGENCY TP TROUSERS”HOUNDSTOOTH”と組み合わせたコーディネイトです。

テーパードが効いた、定番なシルエットのボトムスです。

 

トップスはゆったりとさせ、ボトムスをスッキリと合わせると、全体のシルエットのバランスをきれいに見せてくれます。

オーバーサイズのTEEを使った、セオリーなコーディネイトでしょうか。

 

もう1つのスタイリングは先日もJOURNALでご紹介したPROSPECT CARGO TROUSERSとの組み合わせです。

こちらは上下ともにゆったりとしたシルエットでコーディネイト。

 

こちらのコーディネイトはリラックスした印象を見せてくれるので、カジュアルにオーバーサイズのTEEを合わせたい方にはおすすめです。

 

上品に見せる時はテーパードの効いたボトムス。

カジュアルに合わせたいときは、すとんと落ちたシルエットのパンツで合わせるのが良いでしょう。

NOMADIC S/S TEE×BRIGHT EZ SHORTS

NOMADIC S/S TEE×PROSPECT CARGO TROUSERS

お次は絞り染が印象的なNOMADIC S/S TEEをコーディネイトで比較していきます。

こちらはショーツとロングパンツを使ってスタイリングをしましたのでコーディネイトの変化は一目瞭然。

 

夏らしいTEEとショーツの組み合わせは間違いないですね。

ポイントはアイテムのカラーをあえてダークトーンでまとめているところです。

ショーツはMOSS GREENのカラーをチョイスし、コーディネイト全体を落ち着いた印象でまとめました。

大人の方でも挑戦していただきやすスタイリングでしょう。

 

一方、PROSPECT CARGO TROUSERSとのコーディネイトはBEIGEを選び、上下のアイテムの明るさに差をつけ、コーディネイトにメリハリを出しています。

 

異なるアイテムで組み合わせるのもそうですが、ボトムスの発色に変化を付けても印象が変わります。

AZTEC S/S BORDER TEE×REGENCY TP TROUSERS”HOUNDSTOOTH”

AZTEC S/S BORDER TEE×BLANK RIB TROUSERS

最後はAZTEC S/S BORDER TEEをベースにREGENCY TP TROUSERS”HOUNDSTOOTH”BLANK RIB TROUSERSでコーディネイトに変化を付けてみました。

 

どちらもボトムスのシルエットはテーパードシルエット。

大きく違うところはボトムスの裾周りの雰囲気ではないでしょうか。

 

REGENCY TP TROUSERS”HOUNDSTOOTH”はスッキリした裾周りになっている為、ボーダーTEEとのコーディネイトに上品な印象を与えてくれます。

 

BLANK RIB TROUSERSは、名前の通り裾がリブ仕様になっています。

大きく雰囲気を変えるわけではないですが、ややカジュアルダウンさせた印象でスタイリングを組むことができるでしょう。

 

このように、ボトムスの細かいディテールによっても、スタイリングの雰囲気を変えることができます。

 

いかがでしたか。

これからの季節はTEEが活躍していきます。

コーディネイトに変化を付けるなら、ボトムスのバリエーションもいくつかご用意しておくのが良いでしょう。

 

是非参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

下記のリンクよりCURLY&Co.の各取り扱い店舗様の情報、ウェブ、オンラインショップもご覧いただけます。併せてお楽しみください。

 

 

 

※商品、通信販売に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6412.7781(中目黒店)

Mail:the-weft@curly-cs.com

TheWeft Online Store

 

 

 

 

松岡

 

 

 

 

 

 

CURLY&Co. YouTube

LATEST