SALFORD LIGHT COAT

2020.03.22 /Item

 

SALFORD LIGHT COAT

HERRINGBONE FABRIC

この三連休は非常に暖かく天気のいい3日間でしたね。

日中の最高気温は20度を超えて、

服装を間違えて外を歩くと軽く汗ばむほどでした。

 

ご来店されるお客様の服装もこの三連休を境に一気に春らしくなりました。

朝晩は冷え込むので20SSアイテムのレイヤードが存分に楽しめます。

 

本日ご紹介するアイテムはそんなレイヤードスタイルでも、

これから訪れるであろうより暖かい日には、

一枚でご活用いただけるSALFORD LIGHT COATです。

 

春夏シーズンになるとここ数年は毎回こちらのような、

薄手のシャツコート系アイテムがリリースされていますが、

個人的にも毎シーズン着用しています。

 

薄手の生地を使用することで見た目にもシーズン感を表現しやすく、

またインナーを調整することで長い期間色々なコーディネイトに利用できます。

3月の季節の変わり目から、初夏に至るまで毎年かなりお世話になっています。

 

今期の素材は毛羽の少ないコットンと、

吸水速乾性に優れたクールマックスの糸をミックスしライトな質感に仕上げました。

 

単なる無地ではなくヘリンボン柄に仕上げることで、

薄手の生地でも存在感があり、よりシャツっぽい質感を楽しめます。

程よくハリ感もあるので、リラックス感がありつつもだらしなくなりません。

SALFORD LIGHT COAT/GRAY HB

STYLE

STYLE

前合わせを深めに取ることで、前を開けた時と閉めた時でシルエットの変化も楽しめます。

すっきりとキレイ目に着用したいときはご覧のように前を閉じて、

ざっくりとリラックス感やラフな雰囲気を強調したい際には開けてコーディネイトすると良いでしょう。

 

そもそも暖かくなってくるとコーディネイトはシンプルになりがち。

さらに羽織りものはショート丈のものが多くなってきます。

秋冬はコートなどで長い丈のアイテムが着用できますが、

この時期は意外と長めの羽織りものの選択肢がありません。

 

そんな選択肢を増やしてくれるのがこちらのアイテム。

着こなしによっては袖をまくってアレンジしてもいい感じです。

DETAIL

またこういったアイテムにしては珍しく打掛ボタンが配されており、

前合わせを開けながらもバタつかずに着用できるギミックも。

 

見た目にもポイントにもなるので、単純に前を閉じる、開ける、だけでなく、

打掛ボタンで閉じるといった三番目の着こなしも可能なんです。

 

春夏は多重レイヤードをすることも少なくなるので、

こういったちょっとした変化を加えられるギミックは思ったより使えると思います。

DETAIL

SEAM POCKETS

SIDE SLIT

ディテールはシンプルに見えますが、

いつものように細かなところまでこだわってデザインされています。

 

小さめの襟は立ち上げて着用しても良いですし、

ポケットはシームポケットにしてデザインに過剰に干渉せず、

よりすっきりとした雰囲気に見えます。

 

さらに、裾は動きやすさも考慮しつつスリットを入れておりますが、

見た目にもかろやかな雰囲気をさらに盛り立ててくれます。

 

こちらのアイテムはすでにコーディネイトでも着用しております。

この日のJournalも合わせてご覧くださいませ。

コーディネイトが楽しいアイテムなので今後もきっとスタイリングに出てくることでしょう・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST