DELIGHT CAPE COAT

2019.02.24 /Item

「SH」のデリバリーがあり、一時中断していましたが、

本日はまた改めて「RAIN DELIGHT SERIES」についてご紹介していきます。

 

これまでにコットン100%の素材に撥水性・防汚性を付与する「RAIN DELIGHT」と言う「加工」について、

そして、その「加工」が施されるアイテムそれぞれの「生地」についてご紹介してきました。

 

「加工」「素材」とくれば、最後はアイテムそれぞれの「デザイン」が気になるところ!

まず本日は「DELIGHT CAPE COAT」をご覧いただこうと思います。

 

 

 

IMG_6020

DELIGHT CAPE COAT/LEFT:LEAF GRAY RIGHT:BLACK

 

 

 

実はここ数シーズン春夏、秋冬を問わず、

CURLY&Co.では「ケープ」をモチーフとしたアイテムを続けてリリースしています。

 

メンズのアイテムとしては、アウトドアブランドなどでは見ることもありますが、

カジュアルブランドのアイテムとしては比較的珍しいカテゴリーのアイテムです。

 

CURLY&Co.では本来レインウェアであるケープを

コートのディテールを組み合わせることによって雨の日以外でも、

コーディネイトに取り入れやすいようにアレンジしました。

 

 

 

IMG_6032

LEAF GRAY PATTERN

IMG_6030

BLACK

 

 

 

 

今回はベーシックなBLACKカラーに加えて、

春夏のシーズンらしさを強調する特徴的な総柄のLEAF GRAYをご用意。

 

同じ形のアイテムではありますが、

無地か柄かで与える印象は相当変わってくるアイテムです。

 

無地のケープについては先日スタイリングでもJournalにてご紹介しているので、

そちらも改めてご覧いただき、着こなしの参考にしていただければと思います。

 

 

 

IMG_6025

SLEEVES

IMG_6012

Silhouette

 

 

 

一般的なケープはマントのように羽織るタイプが多いですが、

今回はコートのように袖をつけてアレンジ。

 

バッグを背負ったその上から着用すると言うケープらしい着方が出来つつも、

ざっくりとコートのように羽織るスタイリングがしやすくなっています。

 

RAIN DELIGHT加工によって、

コットン100%の生地に撥水性を付与しているのは、

以前のJournalでご紹介していますが、

やはり本来パリッとした防水素材などで作られるものとは、

シルエットの見え方が異なります。

 

コットンらしく程よく素材がドレープもしますので、

ケープ特有の広がりのあるシルエットを

柔らかな雰囲気で楽しむことができるんです。

 

ケープとは言いつつも、アウトドアなテイストが強いアイテムではなく、

カジュアルさと、着こなしによってはモード感も演出できる仕上がりです。

 

 

 

IMG_6069

BUTTON

IMG_6057

BUTTON

 

 

全体の雰囲気を柔らかく見せてくれる、

愛嬌のある大きめのボタンもポイント。

 

元々インパクトのあるデザインですが、

過剰にインパクトさを強調するのではなく、

どんな方でも取り入れやすくなっているのがCURLY&Co.らしいところでしょうか。

 

春ジャケット、春アウターの選択肢としては、

なかなか頭に浮かび辛い「ケープ」と言うアイテム。

 

こちらのアイテムならば、トライしやすいと思います。

この機会にコーディネイトに取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST