MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

2016.02.07 /Item
MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

ANTIQUE INDIGOばかりをご紹介していましたが、こちらのカラーも負けてはいません。

加工を加えていないDARK INDIGOのMAZARINE TROUSERSが本日の主役です。

 

シルエット、生地は全く同じで加工の有無だけが両者の違いになるのですが、

本日ご紹介のパンツ、そしてパーカ共に印象がかなり変わります。

 

 

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

ラフな印象が強調されていたANTIQUE INDIGOに比べて、

深みのあるDARK INDIGOはコーディネート全体を引き締めます。

 

加工ばかりに目が行きがちですが、そもそもこちらのパンツ、

シルエットがとにかく秀逸で、自分が今期も色違いでチョイスした大きな理由の一つでもあります。

 

 

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

クライミングパンツのディテールによく見られる、

股の部分のガゼットをこちらのアイテムにも採用しています。

 

こちらのディテールにより、動きやすくなるのはもちろんのこと、

生地のもたつきがなくなり、よりすっきりとしたシルエットを表現してくれるのです。

 

 

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

またこちらのカラーがANTIQUE INDIGOよりも顕著に楽しむことができるのが、

INDIGO染め特有の色落ちではないでしょうか?

 

写真左が新品のもの、写真右が昨シーズンから実際に自分が着用しているものになります。

着用と洗濯を繰り返し、その結果生地の色合いもかなり変化してきました。

 

 

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

デニムとは違ったエイジングは新鮮でなかなか楽しめます。

 

色の抜けにより、全体的にインディゴカラーが青みを増してきました。

また、ポケット部分などはアタリがいい具合に出始めています、

 

 

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

MAZARINE TROUSERS (DARK INDIGO)

 

 

それにしてもANTIQUE INDIGO、DARK INDIGO共に、

写真のように近くで見てもデニムそのもので、深みのある素晴らしい表情をしています。

 

インディゴ染めを施したアイテムは世間にも数あれど、ここまでの表情はなかなか出ないのではないでしょうか。

実は一口にインディゴで生地を染めるといっても、その染め方にもこだわりがあります。

 

糸をロープ状にしてその表面だけをインディゴで染めます。

すると、糸の表面だけが染まり芯の部分は白く残ることになります。

 

そうすることでその白い部分が所々で顔を出し、馴染みのいい雰囲気に仕上がります。

さらにはハイゲージで生地を編み立てることでシャープさと程よいムラ感が生まれたというわけです。

 

後日、MAZARINE ZIP HOODYの方もDARK INDIGOバージョンをご紹介いたします。

デリバリーが続きテンションは上がりますが、なかなか皆様にご紹介しきれませんね・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST