Rainy Day

2019.10.25 /etc

本日の南青山はあいにくの雨。

午前中からお昼頃の時間帯は嵐と言ってもいいような降り方でした…。

 

朝からそんなお天気だったので、

今日は高い防水性能を持ったALL-PURPOSE PARKAを着用して自分も出勤しました。

 

ある意味でいい機会でもありますので、

本日は、ALL-PURPOSE PARKAを中心に、

雨の日にもオススメなアイテムをご覧頂こうと思います。

ALL-PURPOSE PARKA in a rainy day

ALL-PURPOSE PARKA in a rainy day

Water repellency

Water repellency

ALL-PURPOSE PARKAは以前こちらのJournalでもご紹介していますが、

CURLY&Co.オリジナルの3レイヤーファブリックを用いた、

ラインナップの中でも機能的な面をより強調したアイテムです。

 

伸縮性にも優れたポリエステルニット、

透湿防水のウレタンフィルム、

そして保温性に優れたサーモライトフリースを組み合わせた素材は、

防水性能を備えた一般的な素材に比べ、

軽量で見た目の質感もしっとりとやわらかいため、

過剰にスポーティさやアウトドアテイストが強調されません。

 

普段のコーディネイトにも自然に馴染み、

気候の変化にも合わせやすいので、

ここ最近はよく着用しています。

 

まずは、雨の中へ飛び込んでみるのが1番と、

デタッチャブルデザインのフードもオンして撮影してみました。

 

雨に関しては言うことなしです。

表面には撥水加工も施されているので玉のように雨を弾き、

もちろん中に浸透してくることは一切ありません。

 

さらに特筆すべきは雨への耐性だけでなく、

暴風性や保温性についてかもしれません。

 

今日は風も強く、気温も低かったのですが、

撮影のため雨風に打たれながら立ち尽くしても、

身体が冷えず、改めてその性能に驚かされました。

 

ここ数年はショート丈のマウンテンパーカスタイルのデザインが多かったのですが、

今季はミドル丈のデザインということもあって、

防水性能や保温性がより感じやすくなっています。

 

この素材を使用したアイテムは、デザインや質感、そして機能性に至るまで、

以前から大好きなものでしたが、

本日のシチュエーションを体感したことで、

より信頼感が増しました…。

今シーズンに限らず、色んなシチュエーションでお世話になりそうです。

forme “Rainy”

forme “Rainy”

店長の後藤が今シーズンよく履いているのが、

TheWeftでセレクトしているシューズブランドformeの新作ブーツ。

 

アッパーのブラウンとソールのブラック、

両色のコントラストと、

formeらしいエレガントさを感じさせながらも、

ボリューム感のあるシルエットが秋冬シーズンの着こなしにぴったりのこちらのシューズは、

実はモデル名”Rainy”と言うように、

雨の日でも着用可能なアイテムなんです。

 

アッパーのレザーにはオイルをたっぷりと染み込ませており、

グリップの良いラバーソールは、

雨の日の路面でも安心感があります。

 

強い雨の日でもコーディネイトにこだわりたいと言う方にはぴったりの逸品。

個人的にも羨ましくいつも見ておりますが、

僕個人はサイドゴアに手を出したのでがまんがまん…。

 

雨の日用のシューズとして…

と言うよりは、天候を選ばずに着用できるアイテムと言う解釈の方がしっくりくるかもしれません。

 

どんなシチュエーションでも、自分らしい着こなしを試せるのは、

ファッション好きとしてはとても嬉しいことかと思います。

BROMLEY PADDING BLOUSON

BROMLEY PADDING BLOUSON

さて、そんなformeに合わせるなら、と、

後藤がコーディネイトしたのは、

先日デリバリーされた秋冬アイテムの中では最も保温性の高いBROMLEY PADDING BLOUSON

 

防水ではないのですが、こちらのアイテムにも素材表面に撥水加工がさりげなく施されています。

 

雨に濡れても大丈夫!

と言うわけではないものの、早い段階でタオルやハンカチで拭いたり、

水滴を手で払ったり為ることが可能です。

 

ファッションは自分らしさを表現する、と言う側面があります。

天候に合わせて見た目を変化させるのも良いですが、

どんな日でも自分らしいスタイルで居られることも大切ではないでしょうか?

 

本日ご紹介のALL PURPOSE PARKAやformeのRainy、

BROMLEY PADDING BLOUSONなど、

ある意味でTPOを気にせずに、

着たい時に着られるアイテムと言うのもいいものです。

 

今後どんどんと気候も変化してくることでしょう。

秋冬のアイテム選びの参考にしてみてくださいね。

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST