Summer Layered Style

2017.05.31 /Style

※CURLY HEAD STORE [TheWeft]では一緒に働いてくれるスタッフを募集しています

 

詳しくはこちらのJournalをご覧ください。

 

Recruit:http://curly-cs.com/theWeft/recruit/38956/

 

 

 

 

 

 

昨日のjournalでは AZTEC BORDER TANKをご紹介しました。

本日はバトンタッチして、タンクトップを絡めたスタイリングを2本立てでご覧いただこうと思います!

 

では、早速!

 

 

Layered Style

173cm 60kg PANTS size2

 

 

まずは、PROSPECT SS TEEとの鉄板コーディネートです。

透明感のあるWHITEとボーダーの組み合わせは清涼感があり、夏らしさを表現します。

 

シャツ地のようなハリを持ち併せた素材感でパッと被るプルオーバーのシャツをイメージして作っています。

ここはあえてサイズ3を選び、さらにゆとりのあるサイズ感に。

 

 

Layered Style

Summer Layered Style

INNER size3 TEE size3

INNER size3 TEE size3

 

 

昨日のjournalでもお伝えしている通り、CURLYのタンクトップは肩幅を広めにとることで、ノースリーブのようなデザインにしています。

この2つを重ねると、透け感こそあるものの、

アームホールのえぐれがない分、ちょうどTシャツのアームホールと重なって肌着感を抑えているのです。

 

夏場のシンプルな着こなしに、こういった細部のこだわりが効いてきます。

 

 

SHIRTS size2 SHORTS size1

SHIRTS size2 SHORTS size1

Layered Style

Summer Layered Style

 

 

お次はPALMシリーズをセットアップで着用しています。

 

上下ともNAVYでまとめ、さらに小物にも同素材のものを持ってきています。

重たくなりがちな色合わせなのですが、ここでもやはりボーダータンクがコーディネートの要になっています、、!

ボーダータンクの存在感たるや、、。

 

 

Layered Style

Summer Layered Style

 

 

この裾のレイヤードにグッと寄ってみると、、

実は、ボーダーとボタニカル柄の柄合わせに。

 

本来なら、まずあまりしない組み合わせになると思いますが、

ワントーンの陰影で表現した柄は、はっきりとしたボーダーと合わせても馴染みが良くすんなりと収まります。

これなら、柄をあまり着てこられなかった方にも挑戦していただけるのでは、、!?

 

 

Layered Style

Summer Layered Style

 

 

そしてPALM SHIRTSを開けると、、

一つ目のスタイリングと全く同じものをインナーにしています。

 

吸湿速乾性に優れた夏素材のインナーだからこそ、夏場でもこうしたレイヤードを楽しむことができるのです。

マンネリ化しやすい夏の着こなしもこのプラス1点が変化を与えます。

 

 

Layered Style

Summer Layered Style

 

 

先日のデリバリーではキャップも 入荷しています。

 

こちらももちろん、カットソー素材を用いています。

特有の柔らかさがあるため、これもまた快適な着用感です。

同型の異素材もご用意していますので、是非こちらも注目してみてください。

 

いよいよ明日から6月です。

これから本格的に迎える高温多湿な日本の夏、、!

こういった夏のレイヤードスタイルで乗り越えていきましょう、、!

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

 

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

 

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒川

 

 

LATEST