New York Days -Extra Edition part,02-

2016.08.04 /Style

しつこくお送りしてきた僕のNew York Daysでしたが、番外編を含め本日で最終回です。笑

 

前回は実際に現地で使い倒したアイテムの紹介と、向こうで手に入れた戦利品自慢でしたが、

今回はそれらもミックスしながら、現行のアイテムも織り交ぜたスタイリングをしてみようと思います。

 

先日の更新で現地で撮った記念写真的なスタイリングも載せていましたが、

そちらのスタイリングをベースに、今季版の着こなしです。

 

 

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-  170cm  61kg

 

 

TEEはこの秋冬に発売されたアップデートバージョンのHS BINDING TEE

パンツは16SS SPOTのアンクルカットパンツから、今季のBLANK TROUSERSにチェンジしました。

 

先日ご紹介していたNYでの戦利品の、シューズとサングラスも取り入れています。

秋冬のアイテムを着用しながらも、夏っぽいテイストも組み込んだミックススタイルです。

 

 

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-  TEE SIZE1  PANTS SIZE2

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-

 

 

パリッとした生地感と柔らかな着心地、相反する二つの要素が同居するこちらのパンツは、

シルエットも自分好みで、すでに店頭でもプライベートでも活躍しています。

 

普段サイズ1を着用することが多いのですが、本日のスタイルは旅先にもぴったり。

少しアクティブな雰囲気を強調したかったこともあり、ワンサイズ上げて、ロールアップすることで躍動感を出しました。

 

さすがの美シルエットで、生地感にも張りがあるために変にシルエットが落ちません。

そのためサイズアップをしてもルーズには見えず、新鮮なイメージで着用できました。

 

サイズアップの着こなしもスタイリングに変化を与えるちょっとした工夫の一つ。

普段サイズアップをしない方もいるとは思いますが、こちらのパンツで是非挑戦して欲しいです。

サイズ感を変えるだけでも、すでにお持ちのアイテムが違った見え方をすることもあるんです。

 

 

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-

 

 

今回のスタイリングではトップスとボトムスの生地感のコントラストもポイント。

 

HS BINDING TEEの今季のECRUは以前リリースのものより明るめのクリーンカラー。

そこにシワのよった独特の質感が合わさることで、存在感のある見た目になっています。

 

一方でBLANK TROUSERSは前述したようにカットソーパンツとは思えないシャープな質感。

濃いめのカラーでは秋冬のアイテムらしくコーディネートによりソリッドな印象をプラスします。

 

二種類の異なる生地によってもたらされる、

ゆる過ぎでもキメ過ぎでもないTheWeftらしいバランス感はやはり皆様にもオススメです。

 

 

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-

 

 

今日のような暑い日でも被りたくなってしまうカシミアコットンのニットキャップ。

本格的には夏の終わり、秋口に活躍してくるでしょうか・・・。

 

というわけで、本日のスタイリングにも取り入れています。

改めてサイドから見たときの後頭部への生地のたまり具合が絶妙です。

 

サングラスやメガネなどとも相性抜群。

使える場面やスタイルも幅広いので、年間を通して活躍の場が多い万能キャップに仕上がっています。

やはりInstagram、過去のスタイリングを見返しても結構登場していますねえ・・・笑

 

 

New York Days -Extra Edition part,02-

New York Days -Extra Edition part,02-

 

 

比較的シーズンレスなスタイリングですので、ディテールに変化を加えれば、

いまの時期にもマッチする組み合わせかもしれません。

また、このスタイルをベースにジャケットカーディガンなどを加えていくのも良さそうですね。

 

旅行記から番外編まで長々とお付合いいただきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

プライベートはもちろんですが、今回の旅でいつもと違った環境に身を置いたことで、

よりアイテムのアビリティを実感することが出来ました。

 

日々、色々な経験をしながらファッションを楽しむっていいですよね。

今後も実感を持って皆様にアイテムの特徴をお伝え出来るよう生活していきたいです・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LATEST