TRUCKER SHIRTS&COVERALL SHIRT from “SH”

2020.02.17 /Item

昨日はRAIN DELIGHTのアイテムを中心にスタイリングをご覧いただきましたが、

その中で先日入荷したばかりのシャツブランド「SH」のアイテムも、

コーディネイトに取り入れていました。

 

「SH」はアメリカの様々な名作アイテムをシャツ生地を使って再構築することで、

どことなくエレガントな雰囲気を醸し出すブランドです。

 

毎シーズン数型をセレクトしていますが、

本日はその中からジャケットタイプの2型についてご紹介しようと思います。

TRUCKER SHIRTS

TRUCKER SHIRTS/ORANGE

こちらは発売後、個人的にもすぐに購入し日々着用を楽しんでいるアイテム。

昨シーズンもセレクトをしていたデニムジャケットモチーフのTRUCKER SHIRTSです。

 

ファッション好きだけでなく、デニムといえば「リーバイス」と言う名前が思い浮かぶと思います。

こちらのアイテムにはいわゆる名作と名高いリーバイスの「セカンド」と呼ばれるモデルが大元です。

 

シャツ生地でもってデニムジャケットを作ってしまおうと言うアイデアがそもそも興味深いのですが、

それをこのレベルの作り込み方で完成させたと言うのがさらにまた興味をそそります。

 

そして注目したいのが今シーズンのカラーリング。

なかでも我々もセレクトをしたシーズンカラーのORANGEには是非注目して欲しいです。

 

展示会で初めてみた時からこの発色のいいORANGEに魅せられました。

ベーシックなシャツもジャケットタイプのシャツも、

そしてデニムジャケットタイプのものでもこのようなカラーリングはこれまで見たことがありません。

 

一度袖を通してみると各モデルとカラーの相性は抜群。

中でもTRUCKER SHIRTSとの組み合わせは秀逸だと思います。

 

昨日のJournalでコーディネイトしておりますので、

是非併せてご覧くださいませ。

TRUCKER SHIRTS/NAVY

FABRIC

SHではモチーフになっているアイテムのシルエットをそれほどいじっていないとのこと。

TRUCKER SHIRTSも着丈が短く、身幅に余裕があり、袖は長めに設定されていますが、

このオールドなサイジングがシャツ生地で形作られることでトレンド感すら感じさせるモダンな印象に。

 

デニムとは違ったライトなシャツ生地だからこその特性を活かして、

クシャクシャっと袖を捲り上げて、ラフに着こなして欲しいと思います。

 

またSHは素材、生産共にジャパンメイド。

ディテールの作り込みをしっかりとしつつ、そのクオリティも非常に高いです。

 

ふっくらしながらもコシのあるオックスフォード素材も、

デザイナーさんがこだわったポイント。

ガシガシと洗いこんでなじませて着用するのがオススメです。

COVERALL SHIRT

続いてこちらはアメカジの王道カバーオールをモチーフとした一品。

自由な発想で着用できるSHのラインナップの中でも、

もっともライトアウター感が強い逸品です。

 

こちらは店長の後藤がいち早く購入し店頭でも着用していますが、

自分もこう言った良い意味で土臭いテイストのアイテムは大好物・・・。

 

しかしやはりシャツ生地で作成することで、

程よくタフさが抜け、春夏シーズンらしいクリーンさを感じさせてくれます。

アメカジと言うよりもまさにフレンチワーク的な雰囲気が強まった印象です。

 

シャツとしてもシャツコート的なニュアンスでもコーディネイトに溶け込んでくれそうです。

店頭の後藤は首元にスカーフを忍ばせて着用していましたが、

その雰囲気がとても良く、こちらのアイテムもついつい欲しくなりました。笑

COVERALL SHIRT/NAVY

DETAIL

DETAIL

フロントの四つの大きめなポケットがポイントになります。

そう言えばSHのデザイナーさんが自身のアイテムを着用している時に、

アイテムに付属しているポケットをかなり活用されているのですが、

メモやペンを差して着用している感じが小慣れていてとてもかっこよかったのが印象に残っています。

 

そうやって生活に馴染ませながら着て、育てていくのがこのブランドの魅力の一つなのかもしれません。

ディテールのひとつひとつを楽しみながら着用して欲しいです。

DETAIL

SHのアイテム全般、あまり神経質になりすぎずにガシガシ使用して欲しいです。

前述したように洗濯を繰り返すうちに素材にも馴染みが出てきますし、

縫い目のパッカリングがより立体的になり、なんとも言えない味わいが出てきます。

 

デニムのように経年変化を楽しめるのも魅力のひとつ。

色々なコーディネイトに合わせながら、

どのアイテムもご自身だけの一品に育て上げていただければと思います。

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST