MY MAZARINE SERIES 2021

2021.01.11 /etc

新型コロナウイルス感染拡大防止における緊急事態宣言の再発出に伴いTheWeftでは1/7(木)より当面の間、営業時間を12:00-19:00に変更させて頂きます。

 

CURLY&Co. Head Store「TheWeft Nakameguro」

〒153-0051
東京都目黒区上目黒1丁目5-10 中目黒マンション105

月曜日-日曜日:12:00-19:00

定休日:水曜日

 

引き続き店頭では、店内、スタッフ共に消毒を徹底し、エントランスにはアルコール消毒液を設置致しますので入店の際にご利用下さい。

 

店頭スタッフもマスク着用の上で接客にあたらせて頂きますので、ご来店のお客様も何卒マスクをご着用の上ご来店いただけますと幸いです。

また混雑状況によってはご入店されるお客様の人数を制限させて頂く可能性がございますので、こちらもご了承ください。

状況の変化に応じて、営業時間に関しては再度変更になる可能性がございますので、その際には随時お知らせ致します。

 

 

 

こんにちは。スタッフの田中です。

最近はJOURNALを松岡に任せることが多かったので、個人的には2021年初JOURNALです。

皆様、2021年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

スタイリングやアイテムディテール紹介などで個人的な新年一発目のJOURNALを始めても良かったのですが、EARLY SPRINGがスタートしてから紹介したくてうずうずしていた話題について本日は書かせていただこうと思います。

 

それは「MAZARINE SERIES」の経年変化についてです。

年末に今回ラインナップされているMAZARINE SERIESのアイテムたちをずらっと紹介しましたが、こちらのアイテムの大きな魅力の一つが一般的なデニム同様、着用によってその風合いが変化していく点にあります。

 

手前味噌ながら自分はこのMAZARINE SERIESが大好きで、毎シーズンのように何かしらのアイテムを買い足している次第です・・・。

そんなわけでここ数年はこのシリーズのアイテムが出るたびに僕自身が愛用しているものを新品と比べながら色味をご覧いただいています。

 

半分くらい自己満足なところもあるのですが、笑 今回もお付き合いいただければ嬉しいです。

MAZARINE 5P JEANS(LEFT:AGED ONE/RIGHT:NEW ONE)

AGED

まずはMAZARINE 5P JEANS

1枚目の写真、左が僕の私物、右が今シーズンの新品にものになります。

素材感が普通のデニムよりも柔らかいということもあるのか、いわゆる「ヒゲ」がついてくるような変化ではなく、全体的に抜けていくような変化です。

 

ただのブルーやネイビーとは異なるインディゴらしいムラ感のあるカラーはシーズンを問わず永遠の定番色だとは思いますが、やはり春や初夏にかけての着用が楽しみです

 

こちらは着用をはじめて2年くらいになるでしょうか。

触れたり擦れたりすることの多いポケット周りなどアタリがいい感じに出ています。

また、素材もハリを残しつつもカドが取れて肌なじみよくなっているところも気に入っています。

MAZARINE WIDE TROUSERS(LEFT:AGED ONE/RIGHT:NEW ONE)

続いて20AWシーズンからスタートになった、サイドの切り替えが特徴的なMAZARINE WIDE TROUSERS

MAZARINE SERIESの新しい形のパンツということで、もちろん20AWシーズンにしっかりと購入。笑

今シーズンがスタートしてからもガンガン活躍してくれています。

 

こちらも左が田中私物、右が新品になります。

履き始めてからまだ1シーズンが過ぎたくらいなので、それほど変化はしていないかなと思ったのですが、並べてみると意外と変化しているものですね。

 

CURLY&Co.ならではのニットデニム素材が特徴のシリーズですが、こちらのアイテムではサイドに一般的なデニム生地を切り替えることでデザインのポイントに。

それぞれの素材の差で当然色落ちの仕方も違うので、今後そのコントラストがどう変化していくのかも楽しみです。

 

ちなみに今シーズンリリースされた新型のMAZARINE COACH JACKETもしっかりゲットしましたので、現在店頭ではセットアップで着用することが多くなっています。

正直最初は「セットアップいけるかな・・・」と不安だったのですが、思いの外合わせやすいので、皆さんにもお勧めです。

BLACK INDIGO(LEFT:AGED ONE/RIGHT:NEW ONE)

BLACK INDIGO(LEFT:AGED ONE/RIGHT:NEW ONE)

AGED ONE

WASHED INDIGOと同様に以前より展開しているBLACK INDIGOの変化も見てみましょう。

こちらのカラーはインディゴの上から黒の染料で染めることで、BLACKでありながらかすかに青味を残した奥深い表情が特徴。

履いていくとうっすらと青味が増していくような変化を楽しむことができます。

 

僕の私物は過去のアイテムになるのでデザイン自体が現行のパンツとは違うのですが、WASHED INDIGOのものと合わせて今回持ってきた中では一番時間が経過している一本です。

 

全体としても青さが出てきて黒に近いダークネイビーのようなカラーになっていますが、特徴的なのは全体の色味の変化よりもはっきりとしたアタリの付き方でしょうか。

 

このアタリやカラーのなじみによって、一般的なBLACKとは一味違った奥深い表情が表現されているというわけです。

 

インディゴの経年変化は着用する方の体型や動き方のクセなど、ライフスタイルによっても違いが出てきます。

よくデニムを「育てる」なんて表現を聞くことがありますが、まさに着用者の個性によってこちらのアイテムも「育って」いきますので、購入後は着用と同様にアイテムの成長も楽しんでくださいね。

 

先ほどもチラッと触れましたが、僕自身は現在も着用していることが多いので、店頭で実際の経年変化、新品との違いなどもタイミング次第でご紹介できるかと思います。

気になる方はお気軽にお声掛けください。

 

 

 

下記のリンクよりCURLY&Co.の各取り扱い店舗様の情報、ウェブ、オンラインショップもご覧いただけます。併せてお楽しみください。

 

 

 

※商品、通信販売に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6412.7781(中目黒店)

Mail:the-weft@curly-cs.com

TheWeft Online Store

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

LATEST