INDIGO

2014.06.23 /Detail
INDIGO

INDIGO

INDIGO

INDIGO

 

CURLYの定番、インディゴアイテム。

こちらをご覧の方も手にして頂いているでしょうか?

 

束(ロープ状)にした糸をインディゴ染料で染めています。

糸の表面だけが染まり、芯の部分は染まらず、白いままで残す事が出来ます。

深みのある色は、加工を施す事で”白”が現れ、濃淡のあるインディゴならではの色に仕上がります。

 

編機やミシン、業務用乾燥機にもインディゴが付くので、

このインディゴ特有の色落ちが生産工程ではネックになるんです。

生産中に他のアイテムに付着したりでかなりリスクが高く、

各工程で手間も増え、神経を使います。(もちろんその他商品でも神経使っております。。)

 

様々な試行錯誤とアイディアに、技術が詰まったインディゴアイテム。

そんなインディゴアイテムを、今季は半袖シャツにし、

 

ブリーチアウトを施したブリーチアウト加工、

 

1点1点職人が手作業でアタリを付けたアンティークウォッシュ加工、

 

逆さ吊りで上部のみブリーチを施したグラデーションブリーチ加工の、

 

3種類の加工で仕上げました。

デニムのような表情ながらカットソーの着心地はCURLYならではです。

 

紺や青とは違った表情を見せるインディゴブルー。

それにしてもインディゴというだけで、物欲の琴線に触れるのはなぜでしょう。。

 

是非お試しあれ!

 

LATEST