RAFFY PO PARKA

2016.11.24 /Item

そのふわっふわな質感とアイテムの完成度の高さから、

CURLYを知っていただくきっかけになった方も多いのではないでしょうか。

 

不動の人気を誇るアイコン的アイテムが今シーズンもやってまいりました。

そうです、RAFFY シリーズ

本日はお待ちかねの(?!)プルオーバータイプからご紹介です!

 

 

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

IMG_9637のコピー

RAFFY PO PARKA

 

 

この畳んで重ねた時のボリューム感、、!

 

超長綿である繊維強度の強いトルファン、

シルキーな光沢が特徴のギザ、クリーミーで柔らかなスーピマの落ち綿のみを混紡した

ムラ糸リサイクルコットンを使用しています。

 

ふっくら、もっちり厚みがあり、思わず顔を埋めたくなるような柔らかさです。

 

 

 

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

 

 

秋冬バージョンとして裏面に起毛をかけています。

さらにそのあとに生地を揉み込むことで起毛を絡ませた状態にして、保温性を高めています。

 

本日の東京の気温は2℃、、

11月に雪が降るのは54年ぶりのようで、まさに異常な寒さでしたね、、。

 

ですが、RAFFYシリーズをインナーに防寒していた私たちスタッフは何とか暖かく過ごすことができました。

このjournalを書きながら、アイテムの底力を実感するのでした。RAFFYの安心感たるや、、。

 

寒い日に持ってこいです。

 

 

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

 

 

そして、こちらのプルオーバータイプもジップ同様に立ち上がりの良いフードが特徴です。

 

クロスした立ち上がり部分が着用した際にも崩れることなく形を維持するので、

だらしなくなく、もちろん単品でも様になります。

 

インナーとしてレイヤードした際には顔まわりを印象づけてくれるので、アクセントにもなるのです。

 

oatmealの使い勝手の良さも必見です。

カジュアルなアイテムではありますが、きれいめなアウターなどジャンルの違うアイテムとも相性が良く、

さまざまなコート、パンツ、シューズとのコーディネートをお楽しみください。

 

 

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

RAFFY PO PARKA

 

私自身もスウェットというとカジュアルすぎたり、だらしなくなりがちという印象を持っていたのですが、

そういった固定概念を払拭してくれたのもRAFFYシリーズでした。

今期はすでにインナーとして手放せないアイテムになっています。(今日みたいな寒い日には特に、、!)

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

恒川

 

 

 

 

 

 

 

 

 

LATEST