CLIFTON SC SHIRCKET STYLES

2019.09.08 /Style

[台風接近に伴う営業時間変更のお知らせ]

 

日頃のご愛顧誠にありがとうございます。
本日9/8(日)TheWeftは、台風接近の影響により、
誠に勝手ながら18:00までの営業とさせて頂きます。
明日9/9(月)は通常営業を予定しております。
皆様にはご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

 

 

 

ディテールスタイリングの両方でご紹介したSHの”SKI SHIRTS”と同様に、

CURLY&Co.のアイテムの中にもジャケットとしてもシャツとしても、

ご着用いただけるアイテムが届いています。

 

それが本日スタイリングでご覧いただくCLIFTON SC SHIRCKETです。

“SHIRCKET”と言う名前の通り、

SHIRTSとJACKETの中間をとった様な変幻自在なアイテムです。

 

ツイルの様に編み立てたBLACKとBEIGE、

ハウンドトゥースや日本では千鳥格子と呼ばれる柄を採用した生地の、

3タイプで展開しているアイテムですが、

アイテムディテールを前にまずはスタイリングでご案内いたします。

169cm 63kg ALL ITEM SIZE1

CLIFTON SC SHIRCKET×CCR LS CN TEE

BLACKのシャツジャケットは、

ボトムス、シューズなどもダークトーンで統一して、

ややシックな雰囲気を意識しコーディネイト。

インナーのみ差し色としてBRICKカラーのTEEを挟みました。

 

CLIFTON SC SHIRCKETは、やや広めに身幅をとったゆとりのあるシルエット。

ボトムスには細身のパンツを合わせてもコーディネイトにメリハリが出ます。

 

フロントについた大きめの2つのポケット、

スナップボタンに立ち襟というありそうでなかったデザインが特徴的です。

FRONT BUTTON CLOSED

NAUGHTY 5P JEANS

こちらのシャケットはフロントを閉じると表情が変わります。

裾まわりなどをチラ見せさせながらこちらの着方でもレイヤードを楽しんでほしいです。

 

ボトムスのNAUGHTY 5P JEANSはCURLY&Co.の中でももっとも細身なタイプ。

ピタッとしたシルエットですが、穿き心地はストレスフリー。

個人的にも大好きなアイテムです。

173cm 60kg TOPS size2 BOTTOMS size1

CLIFTON SC SHIRCKET×FINSBURY RC STRIPE SHIRTS

BEIGEは店長の後藤がコーディネイト。

ジャケット的な特徴を活かしてインナーにはシャツをレイヤードしました。

 

ボックスカットのシルエットと、

ラウンドしたシャツの裾まわりとの組み合わせが好相性ですね。

インナーのシャツにはストライプを採用しているので、

チラ見えする柄が全体のポイントになっています。

×FINSBURY TROUSERS

こちらのコーディネイトも上下のメリハリを強調していますが、

使用しているパンツはFINSBURY TROUSERS

 

スタイリングでも何度も使用していますが、

改めてシルエットの良さを実感します。

FRONT BUTTON OPENED

こちらではフロントボタンをオープンして、

さらには立ち襟を寝かせた着用パターン。

 

フロントのオープンクローズだけでなく、

襟の使い方でも雰囲気を変えられます。

一着でバリエーションを付けられるのは嬉しいですね。

CLIFTON SC SHIRCKET×CLIFTON EZ TROUSERS SET UP STYLE

×CLOUDY 2B HN TEE

CLIFTON EZ TROUSERS

最後はセットアップスタイルもご覧いただきます。

先日のスタイリングではBEIGEを使用したセットアップスタイルをご覧いただきましたが、

本日はBROWN HTにて。

 

3モデルの中でも最も秋冬らしい表情のアイテムかもしれませんが、

素材感は程よくライトなので秋口から実践できるスタイルです。

 

素材の雰囲気を活かすために、

インナーはヘンリーネックTEEのBLACKを合わせて、

全体的にシックな雰囲気を前面に押し出しています。

 

パンツもすっきりとしたスラックスシルエットで、

単品でも秋冬らしい雰囲気を演出しやすいです。

 

しかしせっかくならスーツタイプ以外のセットアップの選択肢として、

上下で手に入れて、

単品でもセットアップでも活用して欲しいアイテムたちです。

CLOUDY 2B HN TEE

ちなみにインナーのヘンリーネックは、単品で見せるとこんな感じ。

素材がいい具合に厚みがあり、

首回りにもちょっとしたポイントを作れるので、

シンプルに合わせてもコーディネイトが成立します。

 

シャツというだけでも秋冬には様々なスタイルに取り入れることができますが、

シャツとジャケット2つの要素を持ったこちらのアイテムでは、

さらにバリエーションを付けたコーディネイトを楽しめます。

 

アウターなどが出てくるタイミングでも活躍してくれること間違いなし。

今後のスタイリングでもさらっと使っている可能もありますので、

Journalのチェック、引き続きお願いいたします・・・!

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

 

LATEST