STYLE with SH 

2019.09.07 /Style

本日は昨日ご紹介したSHの新作

早速コーディネイトの中心に据えてご覧いただこうと思います。

 

カットソー素材ではないシャツ素材ならではのシャープな存在感が、

CURLY&Co.の19AW COLLECTIONとも好相性。

 

またSHのシーズンカラーのCAMELは、

ジャケットのような要素を持つモデルには特にぴったりで、

本日の秋口らしいライトアウタースタイルにももってこいです。

169kg 63kg SHIRTS sizeS OTHER ITEMS size1

昨日も書いていたのですが、個人的にやってみたかった、

SHの新作”SKI SHIRTS” を前開きでざっくり着用。

フロントのポケットに手を突っ込んでカバーオールの様に着崩しています。

 

それなりにゆとりのあるシルエットにはすっきりとしたボトムスを合わせて、

全体にメリハリをつけたサイジング、シルエットに。

×CLOUDY 2B HN TEE

×CLOUDY 2B HN TEE

前開きのスタイルでの着用なので、

少しインナーにも変化をつけたいと思い、

これまた新作のヘンリーネックTEEをインナーにしました。

 

SKI SHIRTSの様に前開きで着られる羽織系のアイテムに合わせると、

首回りにちょっとしたポイントを作ることができるので、

一枚着ではもちろんですが、インナー使いにもここからのシーズン活躍してくれそうです。

 

ECRUのカラーで季節感を大事にしながらも重たくならない組み合わせに。

重ねるアイテムが増えてくるシーズン、色合わせもどんどん楽しくなります。

FRONT BUTTON CLOSED

ジャケットライクに着用することもできますが、

前を閉じればご覧の様にシャツの側面を強調できます。

 

フロントに6つ並んだポケットは、ごちゃごちゃとしすぎない絶妙なバランス。

やはりこのアイテムはこのポケットが最大の特徴ですね。

このずらっとした並びが最高にかっこいいです。

×BROMLEY EZ TROUSERS

×ptarmigan “TIM SUEDE”

最後にトップスだけでなく、ボトムスのコーディネイトにも注目してみましょう。

ボトムスのBROMELY EZ TROUSERSは実はスウェットパンツなのですが、

綺麗なラインとハリのある素材使いで、

いい意味でスウェットパンツらしくない綺麗なシルエットを描きます。

 

すっきりとテーパードし、程よい丈のパンツには、

多少ボリュームのあるシューズを合わせるのもいいんです。

 

というわけでptarmiganから、

足元にアクセントを加えられる、

程よくボリューミーな”TIM SUEDE”を合わせてみました。

 

トップスとのメリハリをつけたシルエットバランスは、

秋冬の着こなしでも鉄板のコーディネイトルールかと思います。

迷ったらこのバランスで・・・と言うくらいでもいいかもしれませんね。

 

CURLY&Co.のアイテムはもちろん、多種多様なセレクトアイテムを取り入れつつ、

どんどんとバリエーションが広がる秋冬シーズンのコーディネイトを

ぜひお楽しみください。

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

LATEST