JOURNAL

EARLY SUMMER STYLES

早いもので5月も折り返し、夏がもう間近までやって来ている気がしています。

 

気温だけ見るとまだまだ過ごしやすいはずなのですが、

日の当たる所では太陽がジリジリと照りつけてくるので体感では結構暑く感じるなーといった感じ。

 

私はまだまだ出勤、帰宅時は長袖に頼っていますが、日中の街はすっかり薄着の人が増えています。

 

あっという間に夏が始まりそうな予感ですね。

 

本日はまもなく始まる夏に向けたスタイリングをご紹介いたします。

 

 

IMG_2945

173cm 60kg

IMG_2977

PROSPECT SS GINGHAM SHIRTS (NAVY/BLACK) size2

 

 

まずは、5月中旬にリリースされたPROSPECT SS GINGHAM SHIRTSを主役にしたコーディネート。

 

シャツの詳細については

・5/16 「PROSPECT SS SHIRTS & PROSPECT SS GINGHAM SHIRTS

・5/17 「PROSPECT SS SHIRTS -FABRIC-

のjournalでもご紹介していますので合わせてご覧ください。

 

清涼感のある半袖の開襟シャツは、この一枚で十分、季節感を出すことができます。

 

先日のjournalでもお伝えしている通り、本来ならリゾート感が強く開放感のあるアイテムですが、毛羽のないシャープな素材感によってルーズに見せないのが特徴です。

 

 

IMG_2984

ADVANCE TP TROUSERS (SAND) size1

 

 

トップスの濃いカラーに対して、パンツは明るいADVANCE TP TROUSERSのSANDというカラーを選択。

 

メリハリのあるカラーリングで軽やかな印象です。

 

 

IMG_3002

HELICAL POCKET SS TEE (LAVENDER) size2

 

 

シャツのインナーにはHELICAL POCKET SS TEEのラベンダーを。

 

シンプルながら嵩高いふっくらとした上質な素材感によって、品良く着られるのがポイントです。

 

夏場のシンプルなファッションに変化をつけるべく、TheWeftでセレクトをしているBOSTON CLUBのサングラスとTERRAのグラスコードも良いアクセントになっています。

 

 

IMG_3025

161cm

IMG_3042

BREEZIN’ DS TEE (BRICK) size0

 

 

今後のアイテムでも展開予定のBRICKというカラーに私自身、興味津々です。笑

 

レンガ色のアイテムは存在感があるため、暑い夏場の一枚着にしていただいても◎

 

和紙を繊維に使ったBREEZIN’ DS TEEのBRICKは一枚でシンプルに着用していますが、それなりに様になるのは柔らかくドレープ感のある素材と、落ち着いた印象の色味の影響だと思います。

 

 

IMG_3085

PROSPECT EZ TROUSERS (BLACK) size1

 

 

パンツにはPROSPECT EZ TROUSERSを合わせました。

 

腰回りもスッキリとさせているため、女性にとっても履きやすいシルエットかと思います。

 

ウェスト回りは後ろがイージー仕様になっているので、そのまま運動ができそうな履き心地です。

見た目以上に楽に感じられるので、一度履くと手放せない方多数です、、。

 

 

日本の夏は何をしたって暑いんですから、なるべくなら素直に着たいもの着て、かつ涼しく快適に過ごせたら良いなと思います!

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

恒川

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00
定休日 火曜日

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP