JOURNAL

SPRING STYLING WITH SINGULAR G8 BLOUSON

昨日から一転、本日は快晴ではあるものの冷たい風が吹きすさんでおります。

とは言うものの、一度上がった春へのテンションは下がる事はありません!

 

新しいアイテムが続々と入荷し、ディテールのご案内も日々続けていますが、

やっぱり実際に着用した様子もお伝えしたくて仕方がありません。

 

というわけで昨日に引き続き本日も春先に向けたスタイリング。

中心となるアイテムは、SINGULAR G8 BLOUSON

 

カットソーらしからぬシャープでハリのある素材感と、

男気を感じつつもモダンな印象に仕上げられたミリタリーモチーフのデザインは、

シンプルにカッコイイの一言につきる、TheWeftとしてもこの春一押しのライトアウターです。

 

 

IMG_9052のコピー

SPRING STYLING WITH SINGULAR G8 BLOUSON 169cm 61kg

IMG_9058のコピー

SINGULAR G8 BLOUSON × FOLKSY PARKA

 

 

気づけば僕以外、店長後藤、スタッフの恒川も店頭で着用中のこちら。

自分も気になっていたのでかなりの羨ましさとともに本日も撮影に臨んでいた次第です・・・。

 

春先は暖かくなるとは言え、朝晩は冷えます。

コートなどのヘビーアウターを着るまでもない気候ですとご覧の様にライトアウターの下に、

スウェットやニットなどのインナーを合わせるというのがちょうどイイバランスのコーディネイト。

 

インナーは昨日テンションのの赴くままにお買い物したFOLKSY PARKA

今回はあえてワンサイズあげてやや緩めに着用していました。

 

合わせる相手はショート丈という事で、

レイヤードのバランスを強調するため、ブルゾンサイズ1、インナーサイズ2の、

変則的なサイズバランスで組み合わせました。

 

全体としてもルーズになりすぎないほどよいゆとりを感じさせるサイジング。

レイヤードのコントラストもより強調されて、個人的にも気に入っています。

 

 

IMG_9086のコピー

FOLKSY PARKA

IMG_9097のコピー

FOLKSY PARKA

 

 

普段よりワンサイズアップで選ぶとなると少し勇気が必要かと思うかもしれませんが、

裾のドローコードでシルエットを調整する事が可能。

 

一着で色々とコーディネイトができるのでむしろより着こなしを楽しめると言えます。

また、アウターなしで一枚着の際も緩めのサイジングはほんのりライトアウター感を演出でき、

シンプルな組み合わせでも、見た目に面白さを感じさせることができますよ。

 

 

IMG_9123のコピー

SINGULAR G8 BLOUSON × FOLKSY PARKA × MAZARINE WD TROUSERS

 

 

今期も登場のMAZARINE TROUSERS、これまでのシリーズでの様々なパターンを所有していますが、

毎シーズン、カラーリングやシルエットなど、どこかしらに新たなアレンジが加わり目が離せません。

 

今期のワイドタイプはフルレングスのバギーシルエット。

ワイドでもすっきりだらしなくならないバランスが特徴的なCURLYのパンツですが、

BLACK INDIGOの色味はそれだけで締まって見えます。

 

そのためキレイ目なスラックスのような要素もあり、

緩めシルエットのコーディネイトでもきれいなバランスを作りやすいのでオススメです。

 

 

IMG_8958のコピー

SPRING STYLING WITH SINGULAR G8 BLOUSON

 

 

春先だと少し重たく見えてしまうのでは・・・なんて心配する方もいらっしゃるBLACK。

こちらのブルゾンはそもそもが軽く光沢感も感じられる素材ですので、すでに軽快なイメージではあるのですが、

それでも心配な方はご覧の様に、インナーにインディゴカラーを差し込んでみてはいかがでしょうか?

 

デニム同然のルックスでありながら柔らかく伸縮性の高いMAZARINE HZ PARKAだからこそ、

本来のデニム生地では煩わしくなってしまうレイヤードも快適に実現できました。

 

 

IMG_8980のコピー

SINGULAR G8 BLOUSON × MAZARINE HZ PARKA

IMG_8970のコピー

× BRISTON

 

 

日に当たっているとシャープさとアクティブさを併せ持った素材感がよくわかります。

この素材感なら例え全シーンワントーンなコーディネイトでも軽さを残すことが出来そうです。

 

しかし、秋冬とは雰囲気の異なる新鮮味あふれるコーディネイトは、気持ちをワクワクさせてくれます。

そんな雰囲気に合わせて、時計やアクセサリなど小物使いもより本格化させていきたいですね。

 

今後、ロングスリーブ、ショートスリーブ問わずTEE系のアイテムも増えてきます。

そのあたりの軽めのレイヤードも楽しみなアイテムです。お楽しみに。

 

 

IMG_9027のコピー

SINGULAR G8 BLOUSON × MAZARINE HZ PARKA × FROSTED EZ TROUSERS

 

 

ちなみにボトムスは1スタイル目とは対照的にすっきりとしたものを選び、

トップスのボリューム感を際立たせました。

 

とても履き心地がよく、想定していたよりもパリッとハリ感のある生地で、

お客様の中には全色コンプリートされた方も!?

 

「履き心地はよく、見た目にはすっきり」と言う、まさにCURLYらしいアイテムです。

すっきり且つ過剰すぎないカジュアルさのコーディネイトには是非こちらの一本を。

濃いめのベージュは合わせるアイテムも選びません。

 

 

二日連続でそれぞれアイテムを変えたスタイリングをご覧いただきました。

今後の着こなしのちょっとしたヒントになれば嬉しいです。

今後も引き続き、こちらのJournalまたは、Instagramの方もチェックしてみてください・・・!

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP