JOURNAL

BLEECKER B.D. SHIRTS

もう一回くらいお花見できるかな〜なんて呑気に考えていたのですが、

気づけば新緑が生い茂り、気温も20℃を超えた東京都内です。

 

そんな折、春夏アイテムの入荷がコンスタントに続き、アイテム紹介も溜まっているのですが、、

本日はリアルタイムで着用したいアイテムをひとつご紹介!

 

以前からお伝えしている通り、今シーズンはシャツのバリエーションが豊富です。

 

中でもシャツの定番でもあるボタンダウンシャツ(BLEECKER B.D. SHIRTS)は、

カジュアル感のあるスタイルや、きちんと着こなしたい時など幅広いシーンで活躍するアイテムです!

 

 

IMG_9971

BLEECKER B.D. SHIRTS

IMG_9980

BLEECKER B.D. SHIRTS

 

 

そもそもボタンダウンシャツというと、

ご存知の通り、衿先と衿の付け根あたりがボタンで留まっている仕様のことですが、

アメリカンカジュアルを代表するアイテムでカジュアルはもちろんのこと、

ビジネスシーンでも活躍する大変頼もしいアイテムです。

 

きちんと着こなしたいビジネスシーンではこれから迎える夏場に最適です。

ネクタイをしないで着用するのが一般的で一番上のボタンを開けて着用すると衿が立ち上がり、良い印象で着用することができます。

 

 

IMG_9995

WHITE

IMG_9999

WHITE

 

 

伝統的な洋服に合理性と機能性を付け加えたアメリカンカジュアルの発想。

カジュアルウェアとして着用されることも多いシャツですが、

その肩肘はらないリラックスした雰囲気が魅力の一つだと思います。

 

それをCURLY&Co.ではもちろん、カットソー素材で仕上げるわけですから、より柔らかくリラックスして着用していただけます。

 

シャツ地のシャツと比べると生地が柔らかい分、ほとんどシワも気になりませんし、特にアイロンいらず、洗いざらしのまま着られるのも喜ばれるポイントです。

 

パリッとしたシャツもかっこいいですが、プレスしたシャツにきれいめなスラックスを合わせると少しきっちりしすぎてしまうことも。

 

そんな時にこうしたソフトなボタンダウンシャツを合わせると、キメすぎず程よいバランスでカジュアル感を加えることができます。

 

衿も小ぶりに設定し、カーディガンやジャケット、またプルオーバーのアイテムまで重ね着がしやすくなっています。

 

 

IMG_0029

BEIGE

IMG_0023

BEIGE

 

 

裾まわりのラウンドは浅めにとり、タックインもタックアウトもしやすいように工夫しています。

 

 

IMG_0018

Cuffs

 

 

 

CURLY&Co.のシャツはやはり柔らかく、独自の丸みのある雰囲気が特徴なのでシャキッとしたシャツとは一味違います。

 

休日ファッションにはもってこいですし、休日出勤、、。なんて際には少しでも気分転換に役立てられれば嬉しいです!

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

 

恒川

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00
定休日 火曜日

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP