JOURNAL

BRISTON -Club master-

BRISTON WESOUNDCOMPANY

BRISTON’S LOOK

BRISTON WESOUNDCOMPANY

BRISTON’S LOOKBRISTON'S LOOK

BRISTON’S LOOK

 

 

デリバリーも一旦ひと段落し、充実のラインナップとなっているCURLY&Co.の18AWシーズン。

先週はファブリックに注目してみたり、今週はいくつかスタイリングもご案内してきました。

 

そんな秋冬のアイテムたちと共に是非ともコーディネイトに加えてほしいアイテムが届いています。

それがTheWeftのセレクトアイテムの中でも随分と以前からセレクトを続けている、

パリ発の腕時計ブランド「BRISTON」

 

これまではご紹介したことがなかったのですが、先の3枚の画像はBRISTONのブランドルック。

肩肘を張らずにデイリー且つファッショナブルに着用できるイメージが伝わってきますね。

 

 

IMG_7726

Clubmaster

 

 

“BRISTON” は、2012年生まれた比較的新しい時計ブランド。

創業者はこれまでにRichemont や Cartierなどの大手高級時計ブランドで自身のキャリアをスタートさせ、

時計業界で15年の経験を積んだ後にBRISTONをスタートさせたそうです。

 

イギリスで学生生活を過ごした彼は、当時熱中していたスポーツに趣味である旅というテーマをミックスし、

どことなくひねりの効いたコンセプト・デザインをBRISTONの時計に反映させました。

 

フランス生まれでありながら、デザインやマインドはイギリスのカルチャーを反映していると言う、

ちょっと変わった経緯で生まれたコンセプトも個人的には気になるポイントです。

 

質の高さが伺える美しい素材感に、シンプルすぎず程よく個性を感じさせるデザインは非常にキャッチー。

 

シンプルに「時間を確認する」と言う意味での機能性や視認性も良く、時計としてのプロダクトデザインも秀逸、

さらにポイントはあくまで洋服などを含めたファッション全体との親和性の高さではないでしょうか?

 

時計好きな方だけではなく、TheWeftにご来店されるようなファッション全体がお好きな方には、

特に魅力的に映るのではないかと思っています。

 

 

IMG_7759

Three hands movement

IMG_7772

Three hands movement

IMG_7811

Chronograph

 

 

これまでも色々なデザインのモデルをセレクトしてきましたが、

今回のセレクトはこれまでには無い、クラシックでシックなデザイン・色使いが特徴的です。

 

シンプルな三針タイプと、男心をくすぐるクロノグラフの二種類をご用意しました。

実は今週Journalでご紹介のスタイリングにはどれもこちらを組み込んでコーディネイトしています。

 

ツヤのあるべっ甲風のケースはアウターの端々からちらりと覗かせれば、さりげない存在感を放ちます。

スタイリングも併せてご覧いただければと思います。

 

 

IMG_7800

Detail

IMG_7747

Detail

 

 

基本的にはクラシックで渋みのある秋冬らしいデザインですが、

そんな出で立ちでありながらナイロンのNATOベルトと組み合わされているミックス感も、

TheWeftのスタイルと共通する部分があるように感じています。

 

これまでのBRISTONのセレクトとは一味違ったモデルが揃いました。

単体でもご覧いただきたいアイテムですが、是非秋冬アイテムと組み合わせて店頭でお試し頂きたいです!

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP