JOURNAL

N&T STANDING 2WAY BAG -How to Hold-

先日、再入荷をしたNEEDLE&THREADのSTANDING 2WAY

ブログはご覧いただけましたか?

実際に普段から愛用しているスタッフ田中による紹介だったので、

おすすめ度の高さ、熱量のこもり具合が伝わったのではないでしょうか。(笑)

 

その際にもお伝えしていたように、

使い方や合わせ方によって色々な見え方をするN&T STANDING 2WAY BAG は、

様々なシーンでフレキシブルに活用できるのが魅力です。

 

ということで、本日はバッグの持ち方とその時のコーディネートのイメージを1セットに、

カジュアルシーン、フォーマルシーンをそれぞれイメージしてみました!

 

 

HANDLE

HANDLE

IMG_8298

HANDLE

IMG_8266

HANDLE

IMG_8271

HANDLE

 

 

ジャケットスタイル+ハンドル持ちのスタイルは綺麗めな印象を受けるかと思います。

 

お仕事にも活用していただけるようなすっきりとした上品なデザインですので、

短めのハンドルを持っていただくとよりスマートな見え方をします。

 

メンズのバッグとなるとリュックタイプがショルダータイプが多いので、

こういった雰囲気のトート型バッグをこのように短く手持ちで持つのは新鮮ですね。

 

ビジネス感が強いということでもないので、気軽に持ちやすいのではないでしょうか?

 

 

SHOULDER

SHOULDER

SHOULDER

SHOULDER

 

 

そして肩l掛けにした持ち方にすると、先ほどよりも肩の力が抜けたようなカジュアルな雰囲気に変わります。

 

間口に向かって扇型に広がるのではなく、狭まっていくフォルムになっているため、

ショルダーにした場合にも身体にスッキリと収まります。

 

大容量のわりに大きさを感じさせないのも特徴の一つ。普段使いに適したデザインとなっています。

 

 

IMG_8339

SHOULDER

IMG_8357

ONE SHOULDER

 

 

調整が効くショルダーベルトを短くして、ワンショルダーにしても◎

ベルト幅もあるのでめり込むこともなく使用できます。

 

CURLY&Co.のアイテムにも通づる、

いつどんな場所にも対応できる柔軟性の高さに是非、注目してみてください。

 

「一家に一台」なんて言い方もありますが、

まさにクローゼットに一つあると便利なこと間違いなしの万能アイテムです。

是非、プライベートからビジネスまでボーダーレスにお使いください!

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

恒川

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP