JOURNAL

CLOUDY SC SWEAT

三連休初日の今日は少し寒さも和らいで過ごしやすい1日となりました。

東京都内の週間予報を見ていると以前のようにガクンと気温が落ちることはなさそうです。

風邪も流行ってますし、油断は禁物ですが、ちょっとずつ春に近づいているのを実感します。

 

そんな中、入荷を待ちわびていたあのアイテムが到着しました!!

 

CLOUDY SC SWEAT

 

シンプルなアイテムが多いCURLYの中では異彩を放ち、コーディネートした時に個性を発揮する面白いアイテムです。

 

 

×CLOUDY SC SWEAT

×CLOUDY SC SWEAT

CLOUDY SC SWEAT -GRAY-

CLOUDY SC SWEAT -GRAY-

CLOUDY SC SWEAT × BLEECKER NEP LS SHIRTS

CLOUDY SC SWEAT × BLEECKER NEP LS SHIRTS

 

 

「レイヤード」がキーワードとなるこちらのアイテム。

重ねた時の見せ方のバランスがコーディネートの醍醐味です。

 

プルオーバーのデザインは一枚着としても十分な存在感なのですが、

レイヤードがしやすいボックスシルエットと首元のスラッシュ開きが他のアイテムをチラ見せするのに適したデザインになっています。

LOOKのスタイリングのような鮮やかなロンTee然り、衿つきシャツやタートルネック、モックネックなど、

様々なインナーと気軽に合わせることが可能です。

 

バンドカラーのような立ち上がった首元はコートなどのインナーにした際にポイントになりますし、

高さがある分、インナーの衿元をさりげなく見せてくれます。

是非、 裾のレイヤードだけでなく、首元の変化を意識したコーディネートで取り入れてみてください。

 

 

DrawCode

DrawCode

DrawCode

DrawCode

 

 

とは言いつつ、抜かりなく裾には変化を加えられるドローコードがついています。

 

ボリュームのあるボックスシルエットの裾を絞ることで丸みのあるシルエットに変化するのもポイント。

ボリューム感を調整することで、細身のパンツにもワイドシルエットにも対応することができます。

 

 

Fabric

Fabric

 

 

素材もとても表情豊かで個性を感じます。

 

収縮率の違うコットンとアクリル糸を交互に入れることで凹凸柄を表現したCURLYオリジナルファブリックを使用。

うねりのある柔らかい見た目としっかりとした厚みが合わさった新感覚の質感を取り入れています。

 

GRAYとBLUEは細かいストタイプが入ったクリーンな印象に。

BLACKは他の2色とは違ったシャープでモダンな雰囲気を感じます。

 

重たい印象にはならない動きのある質感は春の着こなしに適したライトなBLACKに見せてくれます。

 

 

CLOUDY SC SWEAT

CLOUDY SC SWEAT

 

 

こちらのアイテムはどうやって着るか、想像する楽しみが詰まっています。

 

春に思いを馳せながら、、明日はスタイリングで具体的にご紹介しようと思いますので引き続きご覧ください!

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

恒川

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP