JOURNAL

ITEMS PREVIEW

※お知らせ※

 

TheWeft/CURLYの「LINE@」を始めました。

下記URLより、「友だち追加」が出来ますので、ぜひご登録ください。

 

TheWeft/CURLY LINE@:https://line.me/R/ti/p/%40hmw9906j

 

 

 

これまでもスタイリングをご紹介してきましたが、

形、カラーとバリエーション豊富なCURLYの組み合わせは1シーズンでも無限大。

我々としてもまだまだしてみたい組み合わせがたくさんあります。

 

ああでもないこうでもないとアイテムを入れ替えつつ色々と考えながらせっせと撮影してみました。

皆様の好みの組み合わせはあるでしょうか・・・?

 

 

IMG_2538のコピー

ITEMS PREVIEW

 

 

OUTER:LADBROKE BLOUSON BLACK

 

SHIRTS:NOMADIC LS PO SHIRTS BLACK

 

PANTS:RIPPLE SNAP TROUSERS BEIGE

 

STOLE:BLENDER STOLE GRAY

 

 

個人的には今季のアウターはこちらのLADBROKE BLOUSONに決めました。

ここ数シーズンはロング丈のコートが多かったのですっきりとしたショート丈が新鮮です。

 

ショート丈のアイテムはワイドパンツと合わせても好相性。

特にこちらのパンツは比較的ストンとストレートに下に落ちるシルエットで、

ルーズな印象ではなく、むしろキレイめな雰囲気を強調してくれます。

 

トップスは敢えて同色BLACKのプルオーバーシャツを合わせ統一感を。

パンツやストールで明るい色を絡めながらカラーバランスを調整します。

 

 

IMG_2660のコピー

ITEMS PREVIEW

 

 

OUTER:FROSTED SHAWL COAT NAVY

 

SWEAT:BLENDER BN KNIT ECRU NEP

 

PANTS:NAUGHTY 5P JEANS BLACK

 

STOLE:BLEECKER STOLE NAVY CHECK

 

 

ゆとりあるシルエットのコートには、細身の定番NAUGHTY 5P JEANSを。

数シーズンに渡って継続でリリースされているシルエットですが、

ここ最近改めていいシルエットだなあと感じています。

 

自分も数本色違いで所有していますが、中でもBLACKの汎用性はピカイチ。

あらゆるコーディネイトの中心としていかがでしょうか?

 

先ほどのコーディネイト同様に、インナーやストールでアクセントをつけることも忘れずに。

 

 

IMG_2647のコピー

ITEMS PREVIEW

 

 

OUTER:REV BRIGHT HOODIE COAT BLACK/NAVY

 

SWEAT:AWSIE ZIP PARKA BURGUNDY

 

PANTS:HIGHBURY TROUSERS OLIVE

 

CAP:FROSTED BERET NAVY

 

 

撮影のたびにどちらのサイドを使おうか悩ませてくれるリバーシブルコート。

TheWeftでは定番の「フードonフード」の組み合わせには定番ジップパーカのBURGUNDYを使用。

 

自分も愛用していますが、差し色として使えるにもかかわらず、

むしろGRAYやCHARCOALなどの定番色よりも上品な雰囲気を醸し出せるため、

カジュアルアイテムの代表格でありながらもラフになりすぎません。

 

また、初めてリリースされたベレー帽はかぶるだけでコーディネイトの雰囲気を一変させます。

どんな着こなしも途端に洒落たイメージに変えてくれるのでアクセントにはもってこいです。

 

 

IMG_2589のコピー

ITEMS PREVIEW

 

 

JACKET:CLOUDY HS BOA TEE BEIGE

 

PARKA:3L ALL PURPOSE PARKA BLACK

 

PANTS:MAZARINE ST TROUSERS ANTIQUE INDIGO

 

SHOES:forme Rainy High Cut

 

CAP:BLEECKER CAP NAVY

 

 

ほかの三つとは一変して、CURLYなりのカジュアルでアウトドアな組み合わせ。

特徴的なのは珍しいショートスリーブのボアTEEと防水の3L ALLPURPOSE PARKAのレイヤード。

 

アウターライクなアイテムの上からのレイヤードは大変新鮮で、

秋冬の一辺倒になりがちなコーディネイトに一石を投じます。

 

パンツ、シューズ、キャップとその他のアイテムもカジュアルなイメージのものをちりばめ、

統一感のあるアクティブな印象を表現しました。

 

 

毎日のアイテムやスタイル撮影は、我々にとっても客観的にアイテムを見つめ直す機会。

また、こうやって俯瞰でアイテムを見てみるのもいつもと違って新鮮な気分でした。

 

皆さんの頭の中にも広がっているであろうコーディネイトのアイデア、

ぜひCURLYのアイテムで表現してみてください。

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP