JOURNAL

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

昨日はアイテムディテールでご紹介したFROSTED WIDE TROUSERS

実際にヘービーユーズしているからか、恒川の熱の入りもなかなかでした・・・。

 

というわけで予告通り、本日はコーディネイトでご覧いただこうと思いますが、

ワイドながらもテーパードが効いてすっきりとした9分丈のこちらは、

全体はもちろん、足元のコーディネイトにも力が入るアイテム。

 

Journal後半は、足回りにフォーカスを合わせてご紹介もしております。

トータルでもディテールでも魅力的な見え方をするアイテムです。

そのほかに使われているアイテムたちにも注目しながらご覧ください。

 

 

IMG_1920のコピー

169cm 61kg

 

 

CAP:FROSTED BERET FREE

 

OUTER:LADBROKE BLOUSON SIZE1

 

PARKA:3L ALL PURPOSE PARKA(NAVY CHECK PRINT) SIZE1

 

PANTS:FROSTED WIDE TROUSERS SIZE2

 

SHOES:forme Blucher Straight tip SIZE 5 1/2

 

 

自分は身長がそれほどないので、ワイドパンツの中でも、

こちらのようにすっきり丈でテーパードの効いたシルエットは、コーディネイトも非常にしやすいと感じます。

 

今回のコーディネイトではアウターもショート丈のものを選んでいます。

自分くらいの体型の方で、ワイドパンツは食わず嫌いという方には、このようなバランスでご着用いただくと、

思っていたよりもすっきりと、ルーズにならずにワイドシルエットを楽しめるでしょう。

 

 

IMG_1964のコピー

LADBROKE BLOUSON × 3L ALL PURPOSE PARKA

 

 

足回り以外で今回のコーディネイトの大きなポイントの一つはトップスのレイヤード。

本格的な中綿入りアウターと、アウター的にも使用可能な透湿防水の機能系パーカとの組み合わせです。

 

ゴワゴワしそう・・・なんて思う方もいらっしゃるかもしれませんが、

どちらのアイテムも軽く、特にインナーにしたパーカは機能系素材ながら伸縮性抜群なので、

一般的なスウェットパーカと重ね着をしているのと遜色のないライトな着心地なんです。

 

防寒性、防風性も高めな真冬を意識したコーディネイト。

素材感のコントラストが面白くなるので、3L ALL PURPOSE PARKAのインナー使いはよくするのですが、

今季は久しぶりにショート丈でそれを楽しみたいと思います。

 

 

IMG_2294のコピー

160cm

IMG_2283のコピー

FROSTED TROUSERS×BLENDER BN KNIT

 

 

SWEAT:BLENDER BN KNIT SIZE0

 

PANTS:FROSTED WIDE TROUSERS SIZE0

 

 

そして、こちらのワイドパンツ大好きな恒川のコーディネイト。

リアルに恒川自身も楽しんでいるコーディネイトで、この時期店頭でも見られると思います・・・!

 

このパンツはご覧の通り、サイズ0も展開中ですので、女性や細身の方にもご着用いただけます。

すっきりとした丈感を強調して、シューズやソックスを組み合わせたコーディネイトを試して欲しいです。

 

全体としてはネップ感が秋冬らしいニットと、ロングシャツをレイヤードした女性らしいシルエット。

基本的にはメンズのCURLYですが、今回使用しているアイテムは質感もソフトですので、

ユニセックスな着こなしにもとてもよく馴染みます。

 

 

IMG_2073のコピー

FROSTED WIDE TROUSERS×NOMADIC LS PO SHIRTS×HIGHBURY CARDE

IMG_2127のコピー

FROSTED WIDE TROUSERS×NOMADIC LS PO SHIRTS×HIGHBURY CARDE

 

 

CAP:BLEECKER CAP FREE

 

CARDE:HIGHBURY CARDE SIZE1

 

SHIRTS:NOMADIC LS PO SHIRTS SIZE1

 

PANTS:FROSTED WIDE TROUSERS SIZE2

 

 

一枚目のようにレイヤードをバッチリとした冬向けスタイルではなく、

足元にも革靴でなくスニーカーを合わせた、カジュアル且つリアルタイムなスタイル。

 

上品な印象のこちらのパンツですが、ちょっと肩の力が抜けたスタイリングにもアジャスト。

キャップや前を開けて着用したカーデにより、アクティブな雰囲気も醸し出せます。

皆様の想像以上に着回しの効くアイテムという側面もあるんです。

 

インナーのシャツは最近Journalでもご紹介したばかりのプルオーバータイプのシャツ

コーディネイトをゆるくしすぎず、それでいて普通のシャツとは違ったナチュラルなテイストがうまくはまりました。

 

 

IMG_2016のコピー

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

IMG_2151のコピー

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

IMG_2480のコピー

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

 

IMG_2365のコピー

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

IMG_2395のコピー

WITH FROSTED WIDE TROUSERS

 

 

 

実際に触れてみると本当に柔らかく肌当たりのいい素材なのですが、

九分丈にデザインされたことで、足元でルーズにたまることもありません。

 

また、裾周りは断ち切りのようなイメージで仕上げていますが、

絶妙な丈感も相まってシューズやソックスを合わせた際に、その粋なデザインが活きてきます。

 

本日実際に合わせてみたのは上の写真のような感じ。

スニーカからレザーシューズ、ちょっと変わり種のブーツなどなど、

ベーシックなカラー展開ということもあり、合わせるシューズやソックスもそれほど選びません。

 

オシャレは足元からなんてよく言いますが、こちらのパンツをご着用の時は、

足元のコーディネイトにも気合を入れてみてください!

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP