JOURNAL

Maintenance ”Paraffin Coating”

また前回から間が空いてしまい申し訳ございません・・・と前回も同じこと言っておりました。次回こそ頑張ります!

 

店頭のほうで「生地表面にコーティング加工が施された服は洗えますか?」という質問がたくさんあったようです。

 

今回はその質問にお答えしてパラフィンコートのメンテナンス方をご紹介させていただきたいと思います。

パラフィンコーティングとは今年最初にお届けしました、SINGLE TRENCH COATに施された加工です。

 

生地表面にパラフィン(蝋)をコーティングし撥水効果があり、摩擦で白い跡になる、パラフィン加工独特のチョークマークのことなど前回のJournalで説明がありました。

パラフィンコーティングはとても生地の表情が変化しやすい加工法ですので、キレイに味わい深さが出していくよう洗い方から保管方法までご紹介していきたいと思います。

 

 

 Maintenance "Paraffin Coating"

Maintenance ”Paraffin Coating”

 

まず最初にチョークマークとは写真のように摩擦によって生じるチョークで書かれたような白い跡のことを言います。

写真の生地は手で揉んでチョークマークを多めにだしています。

これは着こんでいくうちにユーズド感というか、とても深みのある表情になってくれます。これがパラフィン加工一番の特徴かもしれませんね。

 

 

IMG_5835

Maintenance ”Paraffin Coating”

 

しかしこのチョークマークが気になる方、誤って擦ってしまい白い跡おかしなところにできて気になる方もいらっしゃるかと思います。

そんな方には上の写真のようにチョークマークはアイロンの熱で消すことができます。先程の生地をアイロンをかけてみました。

ここで注意して頂きたいのがアイロンのスチーム(蒸気)をかけると白い跡になってしまうのであくまでアイロンの熱だけでゆっくり滑らせてなじましてください。

 

 

 Maintenance "Paraffin Coating"

Maintenance ”Paraffin Coating”

 

次に洗う前のブラッシングも重要なポイントかと思います。

縫い目や生地繊維の間に溜まった土ぼこりや汚れを柔らかいブラシで優しく掻き出すようにブラッシングしてあげてください。

ちなみに僕はホームセンターなどで市販されている、靴用のブラシを使用しております。

 

 

洗い

Maintenance ”Paraffin Coating”

 

 

次に洗いなのですが、パラフィン加工は撥水効果があり、あまり水を通すのも良くないようです。

とは言っても今の時期にTシャツ1枚にトレンチコートをサッと羽織って贅沢に着こなしたいです、となると裏地が直接肌に触れるので、洗わないわけにはいきませんよね。

なのでシーズン終わりに一度手洗いをするくらいで十分かと思います。それと洗濯は冷水で行ってください。

ちなみに僕は、チョークマークが多過ぎると気になってしまうので極力跡が残らないよう裏返して洗っています。

逆にどんどん味をだしたい方は生地表面をガシガシ洗うのもいいかもしれませんね。

 

 

洗い終わると、よく脱水し風通しの良い所で直射日光を避け十分に乾燥させてください。

この時、肩にしっかり厚みのあるハンガーをお使いすることをおすすめしたいです。

特にコート類、ジャケット類は肩のシルエットをキレイに保ちたいものです。

厚みのあるハンガーを使うことで洗濯時の型崩れもかなり軽減されます。

写真に使っているハンガーはトレンチコートに付属します。 洗濯・保管時に十分使って頂けます。

 

 

風通しの良い所で

Maintenance ”Paraffin Coating”

 

次に保管方法です。

保管時も厚みのあるハンガーに掛け不織布など通気性の良いもので覆い保管することをおすすめします。

ビニールなど気密性の高いもので覆うと、湿気でカビが発生したり、臭いの原因にもなってきます。

なので普段使いでも1日が終わり脱いでそのままクローゼットに入れるのではなく、一晩風と通しの良い所に干し十分湿気を飛ばして終われるのが

普段使いでの大切なポイントかと思います。

 

 

 

これで Maintenance ”Paraffin Coating”のご紹介は以上です。

今回はパラフィン加工をフォーカスし配信させていただいたのですが、これは皆様からのご質問があったからできたのだと思っております。

CURLYの服を大切に扱って頂いているのだなと思いとても嬉しく感じます。また何か気になることがあれば、スタッフにご相談いただけたら幸いです。

僕たちFactoryスタッフもJournalで服を長く着て頂ける情報なども配信していきたいと思っております。
今後とも宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

from factory

森田

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00
定休日 火曜日

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP