JOURNAL

COFFEE DYED

Whenever,Wherever

Whenever,Wherever

 

 

今週末のイベントまであと数日。

ああでもないこうでも無いとスタッフ一同準備に勤しんでいる毎日です。

 

こちらのJournalでは「純手打うどん”よしや”」の出張出店についてや、「藤田一輝氏のPOP UP CAFE&Workshop」

そしてコラボレーションTEEFABRIC MIST、N&Tのベルトなどのアイテムについてなど、

連日皆様に情報をお伝えしてきました。

 

その中で”RYUJI KAMIYAMA×CURLY”のエクスクルーシブTEEをご紹介した際、

特別な染色を施したアイテムがあるとちらっと書かせていただきました。

 

実は今回、イベント内でPOP UP CAFEと水出しアイスコーヒーのWorkshopを開催するところから着想を得て、

ベーシックなBLACK、WHITEに加えて「コーヒ染め」のTEEを作成したんです。

 

本日は、その「コーヒ染め」を施したスペシャルなTEEをご紹介!

 

と、言いたいところですが、それはまた明日。

 

コーヒー染めのアイテムを発売するということで、

色々とネットサーフィンして調べていたところ、ネット上には手作りのコーヒー染め情報が・・・

 

「自分でもやってみるか・・・!」と、得意の思いつきを発揮し、

今回わたくし田中が実際に自宅にて手作りのコーヒ染めにトライしてみました!

本日はその様子をご覧いただこうと思います。(毎週水曜日は個人ブログの日ということで単なるわがままです)

 

得意の1人遊び・・・生暖かい目でご覧ください。

 

 

IMG_1239

MILK!

 

 

さて、早速下準備から始めていきます。

と、のっけからコーヒーではなく、牛乳の画像なんですが笑

 

実は参考にしたサイトによると、コーヒ染めを家庭で行う際、

牛乳のタンパク質が、コーヒーの色素の沈着をしやすくするとのこと。

 

 

IMG_1235

PRELIMINARY ARRNGEMENTS WITH MILK

 

 

水で3倍程度に薄めた牛乳に昨年もかなり愛用していたCURLYのTEEを震えながら投入です。

ちなみに豆乳に投入してもOK。

 

お気に入りのTEEが牛乳に浸されているのを多少の後悔と共に死んだ目で見つめつつ引き上げ、軽く絞ります。

こちらを陰干しで乾かし下準備は完了です。

 

 

IMG_1242

INSTANT COFFEE

IMG_1232

INSTANT COFFEE

 

 

さて、ここからは本格的に染色に入ります。

まず用意するのはTEEの入る大きめの鍋とインスタントコーヒー。

 

コーヒー染めには実際のコーヒー豆を使用してもOK出そうですが、

手軽ということもあり、今回はインスタントコーヒーを使いました。

 

基本的には1リットルに対して大さじ3倍程度とのことですが、

今回はちょっと濃いめに染めたいなと思い、分量多めに鍋に入れていきます。

 

今迄に見た事のない量のインスタントコーヒー、部屋中に立ち込めるコーヒーの香り・・・

作業が夜中ということも手伝って、先ほどの死んだ目から一転だんだんとテンションが上がってきました・・・!

 

 

IMG_1231

DIPPING INTO COFFEE

IMG_1243

DIPPING INTO COFFEE

 

 

コーヒが沸騰してきたらいよいよTEEを染めていきます。

牛乳の時点ではまだしもここからはもう後戻りできません。

が、真夜中のテンションで躊躇せずに放り込みました。

 

みるみる染み込んでいくコーヒー。

思ったよりもコーヒーが薄かったので、追いコーヒーを追加投入。

ここは好みで調整して大丈夫です。

 

 

IMG_1229

SALT FOR SUPPRESS DYEING

IMG_1228

SALT FOR SUPPRESS DYEING

IMG_1226

VINEGAR FOR SUPPRESS DYEING

 

 

TEEを完全に浸したら、ここから10分程度煮込んでいきます。

そして、ここで隠し味!

ではなく、色素を定着させやすくするため大さじ一杯の塩とお酢を入れます。

 

市販の色止め剤やミョウバンなどでも構わないそうですが、家庭にあるもので、というのも裏テーマだったりするので、

今回はその二つを使用。どちらか片方でも構わないそうです。

 

 

IMG_1227

WAITING FOR ABOUT 1 HOUR

 

 

塩とお酢が全体に馴染んだら火を止め、一時間ほど漬け込みます。

作業工程と使用した調味料を眺めていたら、

自分は一体何の料理を作っているんだろうと多少の混乱が襲いましたがテンションで乗り切ります。

 

あとは、水でよくすすぎ陰干しして完成です!

 

 

IMG_1237

BEFORE

IMG_1224

AFTER

 

 

こちらが完成品!

上の画像が染色前のもの、下が染色後のものになります。

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、全体的にうっすらとコーヒブラウンのカラーに。

 

結構濃いめになるかと思ってのですが、思いの外すすぎの際に色が抜けました。

やっぱり素人手には思い通りに染めをコントロールするのはかなり難しい・・・

 

 

IMG_1241

WEARING!

 

 

着用はこんな感じ。

モノだけで見るよりも実際に着用した感じの方がいい雰囲気です。

考えていたものとはだいぶ色が薄くなりましたが、初めてにしてはそれなりにできた・・・のかな?

 

 

普段は製品を作るために自分が何かアイテムに手を加えるなんてことはなく、

素人の簡単な作業とは言え、今回のように染物をするのはなかなか新鮮な体験でした。

 

今回CURLYで作成したTEE とのクオリティの差は言うまでもありませんが、笑

少しは楽しんでいただけたでしょうか・・・?

 

 

明日はしっかりとプロの手による製品をご紹介いたします!

素人の染めとのギャップも含めご覧いただければと思います。笑

 

 

 

 

information

 

6/16(SAT) 11:00~

5周年を記念した特別なアイテムを発売します。

 

6/16(SAT) 11:00~13:00

香川のうどん屋の名店    純手打うどん よしや  出張出店

※限定50食

 

 

6/16(SAT) 14:00~19:00 / 6/17(SUN) 12:00~18:00

香川出身”コーヒィネーター”藤田氏によるPOP UP CAFE & Workshop

※Workshopは6/17(SUN)のみの開催となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

※6/15(FRI) 17:30 CLOSE

限定アイテムリリースイベントのため短縮営業となりますのでご注意ください。

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP