JOURNAL

AUTUMN

肌寒いと感じる日も増えましたが、季節は秋真っ只中。

気持ちのいい日は外に出かけて、紅葉やレジャーを楽しんでいる方も多いでしょうか?

 

しかし、昔から「食欲の秋、読書の秋、芸術の秋」と、

自宅や室内で楽しむことが多いのも秋の魅力です。

 

以前からこの水曜日の個人ブログで黙々と一人遊びについてつらつらと書き連ねている自分には、

秋から冬にかけてのこの時期は一年の中でもとっても楽しい季節だったりします笑

ファッション的にも面白い素材やいろいろな組み合わせが楽しめるって言うこともありますしね。

 

そんなわけで、本やらレコードやら、その他にもいろいろと、

「食欲の秋、読書の秋、芸術の秋」に合わせるかのように物が増えていっています笑

本日はファッションについてはお休みで、そちらについて書こうかなと・・・。

 

 

IMG_9689のコピー

イノセント・デイズ/早見和真

IMG_9694のコピー

ボラード病/吉村萬壱

IMG_E9692のコピー

ビッチマグネット/舞城王太郎

 

 

 

お勧めしたい本は常にいろいろあるのでこちらで紹介する際はいろいろ頭を悩ませてしまうのですが、

その中でも個人的に今年ずっと頭の中から離れないのが一枚目、早見和真さんのイノセント・デイズ。

 

ページのめくる指は止まらないのに、読み進めていくのが辛くなるようなお話。

死刑を待つ女性に何があったのか、周囲の人と彼女のエピソードが順々に描かれていき、

次第にその全貌が明らかになってきます。

 

こういったお話は最終的になんらかのカタルシスがあったりするのが定番ですが・・・

・・・好き嫌いはかなり分かれると思いますが、個人的には胸に残る一冊になりました。

 

そして二冊目、吉村萬壱さんのボラード病。

東北震災以降に書かれ、そのあたりと内容が同調する部分も多く話題になっていました。

 

いわゆるディストピア小説に分類されると思いますが、

こういった踏み込み難い世界観に勇敢にも踏み込んで文章で書き切るというパワーそのものに圧倒されます。

説教くさい話は好きじゃないのですが、

読み進めているうちに様々な問いを自分に投げかけざるを得ない強制力があると思います。

 

基本的に暗くてしみったれたモノゴトが好きなのでそんな本を立て続けに2冊紹介してしまいましたが、笑

最後は毎回のように芥川賞にノミネートされつつも当然のように毎回落選するという、

芥川賞芸を確立させた笑、舞城王太郎さんのビッチマグネット。

 

この方は普通にファンなので大体読んでいると思うのですが、

話し口調みたいな文体でとにかくテンポよく物語を展開させていきます。

内容はともかく他に紹介した物と違ったテイストになっているので暗いのが苦手という方はどうぞ。

 

今、実は店頭のレジ横の一角にはこっそりと自分の蔵書を少し置いています。

南青山のミーハーな貸本屋になろう計画の一環なんですが、なんのポリシーもないセレクトになっています。笑

よかったらお貸ししますのでちらっと覗いてみてくださいね。

 

 

IMG_9698のコピー

BUISINESS UNUSUAL

IMG_9701のコピー

EACH TIME/大滝詠一

IMG_E9700のコピー

EACH TIME/大滝詠一

 

 

音楽系は相変わらずミーハー心に火がついて改めてCDではなくレコードを買い足しています。(apple musicも使用)

1枚目のBUISINESS UNUSUALは安いのだけではじめは買ったのですが、

良質な70′sのPUNK、POST PUNK、NEW WAVE、インダストリアルなどなどがぎっしり詰まった名コンピでした。

 

あれからレコード屋を覗くとしょっちゅう見かけるので珍しくもなんともないんですが、

コストパフォーマンスはとにかく高め。

B面のThomas Leerがお気に入りです。

 

そして夏だけじゃなく、秋冬になると聴きたくなるのがみんな大好き大滝詠一。

亡くなってからしばらくたちますが、ラジオなどでは毎年特集が組まれており、

また改めて聴きたくなり、レコードで買い直しました。

 

自らレーベルを立ち上げたDIY精神にあふれた活動スタイルにもファンが多いと思います。

個人的にはナイアガラレコードのジャケットのデザインがすごく好きで、

レコードスリーブのディスゴグラフィー見ているだけでも楽しいです。

 

内容はもう言わずもがなだと思いますので割愛。笑

 

 

 

 

 

IMG_E9708のコピー

CURRY

IMG_9715のコピー

INSTANT COFFEE

 

 

 

ここからは「食欲の秋」サイド。

 

旅行に行ったり実家に帰ったり、出張に行く機会があると、

様々なところでご当地マグネットを買いあるめていることは以前ちらっと書いたのですが、

実はお土産として必ずご当地レトルトカレーを最近は購入しています。

 

全然意識していなかったのですが、さすが国民食、

国内だとどこに行ってもほぼレトルトのご当地カレーが売っています。

 

仕事で帰りが遅くなったときなんかはレトルトものは強い味方になってくれますが、

そんなときでも少し贅沢で楽しい気分にさせてくれるのでお忙しいみなさまにもお勧めしたいです。

先日実家に帰ったときに購入した「まぐろカレー」が次のターゲットです・・・。

 

 

そして2枚目の写真ですが、これもインスタントもの。

ハワイのお土産で頂いたのですが、バカにできない美味しさでした。

 

普段はドリップのコーヒーを飲むことが多いので、インスタントと思って舐めていたのですが・・・

皆さんの中にハワイに行く予定がある方がいらっしゃったら頼むかもしれません・・・。笑

 

カレーを食べた後はこれで締めるのが最近の楽しみです・・・。

 

 

IMG_9696のコピー

SUPER FAMICOM

 

 

最後は恒例の番外編。

話題になっていたスーパーファミコンミニを買ってしまいました・・・。

自分はまさにスーパーファミコン世代ど真ん中。

 

この小さい筐体のなかに20本以上のソフトが詰まっているのですが、

内容・質ともに興奮が冷めません。

 

もともとゲーマーではありませんが、寝る前にマリオカートかロックマンXをするのも日課。

まだまだソフトがあるので当分はお世話になれそう・・・・

 

 

 

そんなわけで、秋は外に出てもお家にいてもとっても楽しい季節。

皆さんの過ごし方も是非教えてくださいね。

余暇の使い方、くだらないものには貪欲な田中の駄文でした。それでは。

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP