JOURNAL

TEE WEEK VOL.5 -BREEZIN’ HS TEE-

『TEE WEEK』と題した今週のjournal。

 

ボーダーTee、グラデーションTeeなど色鮮やかな主役級アイテムもあれば、

素材の特性が際立つシンプルな無地Tシャツも多く店頭に並んでいます。

 

その無地T シャツの中でも、一際存在感を放っているのが本日ご紹介するBREEZIN’ HS TEEです。

 

 

BREEZIN’ HS TEE

BREEZIN’ HS TEE

LT.GRAY & BLACK

LT.GRAY & BLACK

Paper Twist Jersey

Paper Twist Jersey

Paper Twist Jersey

Paper Twist Jersey

 

 

しなやかな落ち感のある表情が特徴のこちらのTシャツ。

実は“和紙”を繊維にした素材を使用しています。

 

見た目は、シルク?とも思えるドレープ感がありますが、

実際に触ってみると麻のようなシャリ感と清涼感があるさらっとした質感です。

 

和紙は植物の繊維からできているものですが、

光沢もあり、繊維が長くて強靱、もともと強度がある性質を持っています。

 

その和紙を細く割き、撚って糸にしていくのですが、

ポリエステルの繊維をミックスすることで、より強度と厚みを増して透け感をなくしています。

 

店頭でも和紙でできているとお伝えすると驚かれる方がほとんどですが、

しっかり強度があり、家庭洗濯も可能にしているので夏場も安心して着ていただけます。

 

また、和紙素材は肌離れが良く肌にベタッと引っ付かない特性があるため、

汗ばむ季節にストレスなく快適に取り入れることができる素材です。

シャリ感は麻のようですが、圧倒的な違いは毛羽が少なく、チクチクしない滑らかさにあります。

 

軽くて、滑らかで、肌離れが良い。これだけの条件が揃う和紙素材、、知らない魅力がいっぱいで驚きです。

 

ちなみに和紙素材は編む際、他の素材と比べると滑りが悪いため、編み機の周りに業務用の加湿器を置いて、

ビニールカーテンを閉めてきって湿度を上げて編み立てるそうですよ。

 

シンプルな無地Tシャツながら、特徴的な素材のサマーニット感覚で着られるBREEZIN’ HS TEEからは、

カジュアルなのにどこか大人っぽく見える上品な雰囲気を感じます。

 

この時期の主役アイテムであるTシャツ。

今週はリアルタイムなTシャツにフォーカスしてご紹介してきました。

それぞれの素材感に注目して、違いや個性を感じながらお気に入りの一枚を選んでいただければと思います!

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

恒川

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP