JOURNAL

MAZARINE WD TROUSERS

ここ最近でのJournal・Instagramでの出現率が群を抜いているアイテムといえばMAZARINE WD TROUSERS

(特にAntique Indigoでしょうか・・・ちなみに以下のJournalで着用しております)

 

2017/2/1

2017/2/3

2017/2/4

2017/2/10

 

TheWeftとしても皆様にオススメしているアイテムです。

ベーシックなストレートタイプも素晴らしいのですが、

本日改めてディテールをご紹介するワイドシルエットタイプは特にオススメです。

 

過去のスタイリングもチェックしつつ、本日はディテールにつてご覧くださいませ。

そういえば、いつのまにかTheWeftスタッフは全員ワイドシルエットを持っています・・・笑

 

 

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

 

 

今回はDark IndigoAntique Indigo、2つのカラーを一緒に見ていきたいと思います。

 

同様のシルエットですが、未加工のものと加工済みのものとでは、

単にカラー違いと言うだけではなく、全体としての印象の違いがより感じられます。

 

しっかりとテーパードを効かせることで、ジーンズの表情をもったワイドパンツでありながら、

野暮ったくなりすぎないのが特徴です。

 

また、アンクルカットですので、足元に変に生地がたまったりせず、

ストンと落ちる直線的なラインを見せてくれる点も、シルエットをキレイに見せてくれる要因の一つです。

 

 

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

 

 

腰回りに入ったタックも、見た目にメリハリをつけてくれますね。

さらに、ウエストの一部にゴムを入れることで丸みをもったシルエットが生まれています。

 

ウエストがゴムとなると、ついついはき心地ばかりが気になってしまいますが、笑

シルエットにも関わる計算されたディテールなのです。

 

 

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

 

 

MAZARINE SERIES大好きな僕は、今季Antique Indigoも手に入れました。

ストレートシルエットも含め、めでたく全色コンプリートと相成りましたが、笑

改めてそれぞれの違いを実感しています。

 

簡単に言えばDark Indigoはややキレイめ、Antique Indigoはカジュアルめ、と言うことなんですが、

そもそものシルエットがとてもスッキリとしているので、

コーディネート一つで、どちらのカラーでも様々な表情を見ることができます。

 

 

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

 

 

それにしてもMAZARINE SERIESのアイテムは未だにその生地のクオリティに驚いてしまいます。

 

カットソー生地を使ったインディゴのアイテムは世の中にないわけではないのですが、

本当にジーンズらしい表情を見せてくれるものはそれほど多くはありません。

 

その点こちらのアイテムは、柔らかく伸縮性の高い、着心地も抜群な生地ながら、

ジーンズの持つパリッとした表面のハリ感も表現できています。

 

特にAntique Indigoはジーンズの産地である児島の職人によって、

一点一点丁寧にヒゲやアタリの加工がリアルに施され、よりジーンズらしさを感じられるでしょう。

 

 

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

MAZARINE WD TROUSERS

 

 

もちろん度々申し上げているように、一般的なジーンズのように、

履きこむ中で、エイジングも楽しむことができます。

 

そちらに関しては以前ご紹介したようにDark Indigoの方がより楽しめるでしょう。

MAZARINE SERIESの変化についてはこちらのJournalをご覧ください。

(そういえばここ数日は経年による変化がキーポイントなアイテムばかり紹介していました・・・笑)

 

全種類所持している僕が言いますので、ストレートも含めどれも間違いなくオススメなのですが、笑

 

敢えて申し上げるなら、自分のコーディネートに新しい風を吹かせてくれた、

本日ご紹介のワイドシルエットを推薦したいと思います。

 

今後リリースされる予定のこちらのカーデや、こちらのジャケットなどと合わせてみて欲しいですね・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP