JOURNAL

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

 

 

皆さんの好きな色はなんでしょうか?

気になってネットでざざっと調べてみたことがあるのですが、

結構いろいろなところで好きな色の調査が行われているようです。

 

白や黒に緑・オレンジなど、中には結構意外に思える色もランクインしていましたが、

年代を問わず大体どのランキングのトップ3にも入ってくる常連カラーが青系統のカラーでした。

 

他聞に漏れず、自分も青系統のカラーがとても好きです。

「青系統」というのがポイントで、ファッションで言えばやはりインディゴは大好きですし、

原色に近いブルーや逆に暗めのネイビーなどもコーディネートには欠かせません。

 

そんな青系統の中でも古来から伝わる日本独特の青色が、

蓼藍を原料にいまでも伝統的な染色技術によって表現される「藍色」です。

 

すでにディテールなどもご紹介済みですがHandshakeからは、

そんな美しい藍色の発色が特徴的な藍染を施したアイテムがリリースされています。

 

藍染の魅力の一つはその色合いが着用・使用を繰り返すごとに徐々に変化していくことでしょう。

今シーズンは自分も藍染のKNOTWEED TRUCKER JACKETを購入し、愛用しています。

 

本日は僕自身の着用によるリアルな「変化」を皆さまにご覧いただきたいと思います。

タイトルを「DIARY」としましたので、今回だけでなく続けていく予定です・・・まずは第一回目!

 

 

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

L: After wearing  R: New one

 

 

リリースとほぼ同時に着用を始め、店頭・休日を問わず着用を繰り返しています。

一般的な青やインディゴとも違った鮮やかな色味は寒いこの時期でもインナーとして大活躍します。

 

さて、ひとまずは全体の雰囲気からご覧いただこうと思いますが、上の写真は自分のものになります。

全体的にうっすらと青みがぬけ、目を詰めることでパリッとしていた生地も柔らかな表情になってきました。

 

続いて下の写真は、左が自分が着用しているもの、右が新品の状態です。

全体の色味や生地感の変化がお分かりいただけるでしょうか・・・?

 

 

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

 

 

ぐっと近距離にフォーカスしてみると、

特に肘の可動が多い箇所は、波打ったような着用による生地のクセなど、

新品にはない独特の表情が生まれ始めているのがわかります。

 

もとよりエイジングの楽しみ込みで着用を始めましたので、

日々こういった変化を確認してはニヤニヤしています。笑

 

 

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

 

 

現段階で確認しやすいのがアーム部分の縫い目。

上の写真は色味もアタリのつき方も着用済みのものと新品とが一目瞭然ですね。

 

こちらのアイテムは縫製が終わった後に製品を丸ごと染めているため、

縫い目の部分など染料が入り込みにくい箇所は淡くグラデーションしたような色味になります。

 

着用を繰り返すことにより生地が引っ張られ、より顕著にその特徴がわかります。

一般的なアイテムにはない、まさにこのアイテムだからこその魅力です。

 

 

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

AWA INDIGO DIARY

 

 

それ以外の箇所もよくよく観察してみると、徐々に色合いに変化が出てきます。

 

個人的にはまだまだ着倒して、「自分色に染めていく」ならぬ、

「自分色に色落ちしていく」その様をじっくりと味わっていきたいと思っています。

 

店頭でも自然と着用回数が増えていますので、ご覧いただく機会もあると思います。

実際の色味やどんな風に変化していくかが気になる方は僕の着用しているものも見に来てみてください。

 

洋服にはいろいろな楽しみ方があるとは思いますが、

こちらのアイテムのように、着用を繰り返すことで自分だけのアイテムに変化していく、

そんな経年変化を味わうのも一つの醍醐味です。

 

ちなみにパンツの方は店長の後藤が着用しています。

次回はそちらも一緒にご紹介できたらと思います。

次にご紹介する時にはどんな雰囲気になっているでしょうか・・・お楽しみに。

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

田中

 

 

 

Handshake Website

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP