JOURNAL

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

気候も暖かくなってきて、factoryからは夏物が次々と出荷されています。

そこで、今回はCURLY独自のTシャツの『構造』について少し説明させて頂きます。

 

CURLYのTシャツは平置きにしたとき、脇の縫い目と肩の縫い目が前にきます。

これは脇の縫い目と肩の縫い目を前に寄せているためです。

 

 

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

 

 

着心地の良いテーラードジャケットは背中から肩にフワッと覆いかぶさり、フロントにスーッと落ちていきます。

その為に肩の縫い目と脇の縫い目を前に寄せて、後ろ身頃より前身頃を小さくしているのです。

 

CURLYのTシャツはこの発想を利用しており、背中から肩に覆いかぶさるような構造をしています。

このため、肩や腕の運動にストレスなく着て頂けるということです。

 

その次に注目して頂きたいのが袖です。

CURLYのTシャツを平置きにしたとき、脇の部分がヒョコッと浮いてきます。

 

 

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

 

 

画像の赤線をみて頂ければわかりやすいのですが、

CURLYのTシャツの袖は他ブランドのTシャツと比べて肩のところで角度が変わっています。

 

これによってストンと落ちた様なシルエットになり、脇付近の余計なシワや袖口のハネをなくしています。

そして、この脇部分のヒョコッと浮いている部分が腕まわりのスペースとなり、

落ち着いたシルエットながら、肩や腕が動かしやすく、日常にもストレスなく着て頂けます。

 

 

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

 

 

さらに、人は自然な姿勢をしたとき、腕が前に振られています。

CURLYのTシャツの袖は自然な姿勢をしたとき体に沿うようつくっている為、袖が前に振られる構造でつくられています。

 

これらもまたテーラードジャケットの考え方を応用したものになります。

 

 

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

CONSTRUCTION OF T-SHIRTS

 

 

CURLYの体に沿うような上品なシルエットのTシャツは他ではあまり見ることができないと思います。

テーラーの技法を駆使しているので、Tシャツ1枚をサラッと合わしただけでも、

ただのカジュアルスタイルではなく、上品でスマートな印象を与えてくれます。

 

Tシャツ1枚をとっても『CURLYならでは』が詰まっているのがご理解いただけたでしょうか?

たくさん理屈を書きましたが、実際に着てみて、

『CURLYのTシャツってなんか良いね』と感じて、『そうだったのか』と納得して頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

from Factory

三谷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY&Co.
HEADSTORE The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP