JOURNAL

forme -Straight tip-

IMG_7966のコピー

forme -Straight tip-

 

 

先日ご紹介のAlchemy Equipmentと並んで、TheWeftではすでに不動の人気のセレクトアイテムがあります。

それが本日ご紹介する、一点一点職人の手によってハンドメイドで作られる「forme」のレザーシューズです。

 

「forme」は、皮革製品の産地でもある東京は浅草で作られています。

 

デザイナー自ら木型やパターンを設計し、

職人たちとも密にコミュニケーションをとりながら一足一足丁寧に作られています。

 

その独特な出で立ちは、インポートの革靴とは全く違った存在感で、

靴であると同時にまるで工芸品のような、いつまでも眺めていたくなる美しさです。

 

また、細身ですっきりとしたフォルムではありますが、日本人の足型にあっているため、

履き心地も非常によく、革靴にありがちな履き始めが修行・・・なんてこともなく足に馴染んでいきます。

 

 

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

 

 

まず、今回店頭にやってきたのはTheWeftでセレクトしているタイプの中でも、

最もスタンダードでシチュエーションを選ばない「Straight tip」

こちらのブランドを取り扱い始めた当初からずっと取り扱いさせていただいているモデルです。

 

いわゆる「Straight tip」は、冠婚葬祭でも使えるフォーマルな形状。

こちらのタイプは外羽仕様ですので、カジュアルな印象もあります。

 

公私ともに着用できますので、革靴をまだ履いたことがないという方には、

「はじめの一足」としてお勧めしたいです。

 

 

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

forme -Straight tip-

 

 

ここ数日、改めてパンツに焦点を当てたJournalが続いていましたが、

せっかくなので本日もパンツに合わせ、formeのシューズをご覧いただきましょう。

 

どんなパンツと合わせても、その洗練された存在感は失われず、

むしろそれぞれの魅力を引き出してくれるかのようです。

 

 

先ほどは「工芸品のようで・・・」何て書いていましたが、

当たり前ですが、履いてナンボなのが革靴。

ご覧のように様々なパンツと合わせてみてくださいね。

 

ちなみに店長の後藤は数シーズン着用しており、店頭では経年変化した様子もご覧いただけます。

気になる方は是非店頭でお声がけください・・・!

 

 

 

 

 

 

 

 

※商品に関するお問い合わせはメール・お電話でも承っております。

下記の連絡先までお気軽にお問い合わせ下さい。

Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com

 

 

 

 

 

 

 

田中

 

 

 

 

 

 

 

CATEGORY

ARCHIVES

CURLY HEADSTORE
The Weft

〒 107-0062
東京都港区南青山6-12-10
UNITY 103
Phone:03.6450.5905
Mail:the-weft@curly-cs.com
OPEN 12:00 / CLOSE 20:00

 

→ STORE INFORMATION
→ GOOGLE MAP